FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

継続は力 その2

2月10日更新の「継続は力」のその2をお知らせしたい。


2月26日にVINTAGE CLUBでご夫婦揃ってのレッスンとなった。スポーツ好きのご主人とその反対だが、諦めずレッスンを継続している奥様のゴルフの様子である。


スタート前に天然芝からの練習で、まず二人で戸惑っていた様子だった。通常練習場は人工のマットであるし、ゴルフ塾を開催しているコースも練習場は天然芝ではない。コースと同じ芝の上からアプローチやアイアンショットをしなければならない。


練習場の芝には砂が多く入っていたため、どうも二人距離感を出せないでいる。芝はバンカーに近い状態で、しっかりインパクトしなければ飛ばない。


このゴルフコースの芝管理は定評がある。特にグリーンやティインググランドは素晴らしく、均一な芝が密生していて、転がりが非常に良い。グリーンやティには更新のための砂がきっちり入っている。


コースの特徴は、「フラット」「美しい」「狭い」である。グリーンは小さめで、しっかり目標を設定しなければなかなか乗らない。一方でグリーンにダイレクトに乗るとグリーンを締めている(硬い)ため転がって奥にこぼれてしまう。


外してからのアプローチはグリーンコンディションが良い為、比較的簡単だが、グリーン周りのラフが厄介である。すっぽり埋まった状態からの距離感は出しにくいものである。


手入れの行き届いた植生がなされ、赤や黄色の花々が大変美しいコースである。


その後練習グリーンでパットの練習をした後、NO.1からのスタートとなった。


だが、ホールが進んでも二人ともボールになかなか当たらない。フェアウェイからは何とか打てていたが、ラフからは大変難しい様子だ。いつもの練習場のマットとは違うため、ボールを軽く打とうとしても当たらないのだ。半分ぐらい沈んでいるボールは、無理をせず小さめのクラブで上からしっかり打たなければならない。


それでも、ハーフを過ぎたあたりから少しずつショットが正確になってきた。環境に慣れてきたのである。緊張感も少しずつ解けてきたし、ラフの芝の対処も少し解ってきたのである。


ご主人H.Oさんは、コースに何回も出ているためティショットをミスしても、アプローチとパットで何とかスコアを作っている。しかし、今日はいつになくダフリが多い。初めて奥様と一緒のラウンドで緊張しているのかな?と思う。


奥様T.Oさんは、ドライバーやアイアンショットはまあまあ当たっている。特に5番ウッドで距離を稼ぐことが解り、FWを多用していた。しかし、グリーン周辺からのアプローチやパターは、現場に出ていないため、どうしても感覚がつかめない。1mのパターを1mオーバーしてしまう。


総合的にみて、ショットは奥様の方が良かったし、スコアメイクのためのアプローチやパットはご主人が上手く出来た。どちらが上手く行ったかという見方をすれば、どちらも同じとしか答えようがないくらいだ。


今回のレッスンで、これからの課題が良く理解できたと思う。課題に沿って「継続して」練習する必要があるし、それがステップアップに繋がっていくはずである。これからの練習は、コースの様子をイメージし、ミスを克服していく練習ができるため、とても効率が良いと思う。


次回のコースレッスン時には、どこがどのように上達したのか楽しみである。


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック