FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

100を切るために!!

100を切るために!!

レッスン受講者の多くが100を切るという目標を持っています。でもなかなか100を切れないのが実情です。

100を切るために、何が必要なのでしょうか?

1.ショットが真直ぐ飛ぶ(行く)ことです。

ショットは距離より方向性が優先されなければなりません。折角飛ばしても池や林、またはOBなどに行ってしまってはスコアメイクの障害になります。例えトップであっても何しろ真直ぐ行くことです。

2.アプローチは確実にグリーンに乗せることです。

10-50ヤードのアプローチでグリーンに乗らないようなショート(オーバー)をしないことです。ピンから少し遠くなっても乗せてしまいます。ミスショットでグリーンに乗らないよりは絶対有利です。

3.詰め(最後のショット)のパターを確実に入れることです。

一般的に5-10mは一発で入る距離ではありません。狙う距離ではありませんので、確実に2打で入れることです。それよりも30cm、50cm、90cmの入れなければならない距離を絶対はずさないことです。

4.コースマネジメントとメンタル面の強化が不可欠です。

行ってはいけない所を気にするあまり、結果的にショットはその方向にいってしまいます。安全なエリアを凝視することや、自信がなければ刻む勇気が必要です。実力が無いのに上級者と同じ方向を狙う必要は全くないことを認識し、自分に合った攻め方を理解すべきです。

何回もお話していますが、スコアメイクに直結するショットの割合は、ドライバー10%、アイアン(FW/UT)20%、アプローチ30%、そしてパターが40%です。ショットが乱れた上にパターとアプローチが下手であれば100は永久に切れません。

スウィング形成・ショットは自宅や練習場で練習し身に付けなければなりません。パターの基本は自宅で練習して下さい。1-2mは自宅でしか練習できません。アプローチは練習場でできます。

これらのショットを総合的に練習し、コースで実践しなければなりません。コースでの成功確率は練習場の50%と考えていいでしょう。

なお、上記項目1~4はゴルを始めたばかりの方には、練習の指標になります。なぜなら近い将来100を切るという目標に直面するからです。最初から練習のターゲットを決めておいた方がより早く目標に到達できると思います。

自身の考え方を少し変えてみて下さい。今のままでは100切りは難しいと認識することから再スタートしたらいかがでしょう。

必ず達成できるようにサポートします。

※レッスン受講者用メール「親父の一言」2012年8月分から
スポンサーサイト