FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

上手い人は何が違う?

上手い人は何が違う?

一生懸命練習しているのに中々上手くならず、挫折しそうな方を良く見かけます。

ゴルフの上達は練習量と相関関係にあると言われます。練習ボールに比例して上手くなると言うことで、シングルになるには10トンダンプカー数台分等と聞いたことがあります。

まあそれはそれとしまして、プロや上級者と中級者・初心者は、決定的に何が違うか、考えて見ましょう。

まずはショットの正確性です。曲がっても怪我をするようなチョロや大きな曲がりは殆どありません。それとショットのバリエーションだと思います。

これは何かといいますとショットは殆ど真直ぐ飛んで行くということであり、平らではない斜面や打ちにくい状況の中でもボールがある状況に対応するショットができるということなのです。

そして決定的な違いをお知らせします。

それはイメージ能力です。プロや上級者はトラブルになっても慌てませんし、厳しい状況の中でショットを打ちます。その際ですが、難しいショットほど、イメージ作りが大切になります。

ボールが深いラフや打ちにくい場所にある場合、どの程度芝の抵抗があり、どの程度のスウィングが適切なのか、またグリーンに落ちた後どの程度転がるのか等々、様々な状況をイメージします。そしてそのイメージに沿ってショットするのです。

グリーンのカップに近づくほど時間をかけてイメージを作りすると言っても過言ではありません。

プロと初心者はこの部分が決定的に違うのです。中級者や初級者ほど短いショットを早く打ってしまいます。

是非時間をかけてイメージを作り、その後にショットをしてほしいものです。このような状況下では、他の方に迷惑がかかる等と考えている場合ではないことを認識すべきです。

「親父の一言 2012年7月」より
スポンサーサイト