FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

タイシニアプロとスーパーシニアプロ

タイにはシニアプロゴルフ協会があります。

普通各国には、プロゴルフ協会があります。そしてその中にシニア部門があるのが普通ですが、タイは少し異なっています。以前はタイもプロゴルフ協会があるのみでしたが、現在はプロとシニアプロ協会が存在します。

シニアプロ協会は独立しているため、独自のスポンサーを持っています。そして独自のトーナメントを開催しています。トーナメントは年間5-6回で、バンコクや地方での開催になります。一番の遠隔地は、プーケットやチェンマイで、シニアオープンなどメジャー大会が開催されます。

タイシニアプロゴルフ協会では、50歳以上のシニアプロと、60歳以上のスーパーシニアプロ資格を取得できますが、数年前にシニア1本になり、スーパーが廃止されたときがありました。

どのような経緯か定かではありませんが、昨年からシニアとスーパーシニア資格取得が復活し、現在に至っています。

シニア(スーパーシニア)プロの次回の受験日は6月13日と14日で、場所はノンチョックのザ・パインゴルフリゾートです。

パインGCは18Hですが、9Hから増設して作られたコースで、バンコク市内から1時間で到着します。ドライビング練習場は無く、アプローチとパターのみ練習が出来ます。コースはほぼフラットですが、要所に池が絡んでいて曲がるタイプのゴルフファーは、スコアを崩す場合があります。

パー3は距離があり難しい部類に入ります。

シニアプロは6,600ヤード、スーパーは6,300ヤードの距離設定です。

シニア・スーパーシニア受験希望者は一度プレイされてレイアウト・距離を確認されたら良いと思います。

タイシニアプロゴルフ協会
スポンサーサイト