FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

スライスよさらば

ゴルファーの殆どがスライスに悩んでいる。レッスンを受講している人達も殆どがスライサーだ。


なぜスライスが出るのだろうか。どんなスィングでも共通しているのは、ボールをカットに打っているということである。カットとは一体どんな打ち方なのか?


解り易く言えば、卓球のカットである。ボールにスピンがかかり距離の出ない、スマッシュの反対の打ち方である。テニスも同じだと思う。


卓球で言うオーバースピンがかかるスマッシュは、下から上にボールを打っていく。カットは上から下に斜めに打つ違いがある。ボールにかかる回転のパワーが右回転または左回転で、スライスとフックになってしまう。


厳密に言えばスライスになるには、オープンフェースつまり、フェースが開いた状態でボールに当たっている。いくつかの原因があるが、ひとつはスライスグリップになっていることがある。これはグリップした時、左の手のひらが見えるような握り方の場合であり、インパクトでフェースが開いてしまう。


また、インパクトで両腕が伸びずに左肘が曲がる場合、左脇が開いてしまう。この場合は、右腕の返しが遅れてしまうためフェースはオープンになる。腰が早く開き、手が遅れる場合と同じことになる。


もちろん正しいスィング軌道であるインサイドインではなく、アウトサイドインに入った場合は、カット打ちになるため、スライスになるのは当然である。この場合は、手でクラブを持ち上げた場合や上体の捻転不足の場合に多く見られる。早打ちした場合も同じことである。


このように様々な要因でフェースが開いてしまうのだが、アームローテーションとフェースコントロールつまり、右腕の返しとフェースの向きのコントロールさえ覚えてしまえば、スライスは簡単に直る。


どうしてもスライスが直らない場合は、PWで練習することをお勧めしたい。どのような練習法かというと、ハーフショットをしてみる。正しいグリップ(多少フック・ストロング)で、インパクト直前で今まで左腕が上だったものを右腕が追い越していく感覚である。右腕の返しを正しく理解できれば、フェースコントロールも簡単に身につくはずである。


インパクトではしっかり腕を伸ばす。決して左脇があかない。このことで右腕が左腕の上に来るため、フェースは開かないのである。もちろんスィング軌道は、体を中心とした緩やかな円運動であり、インサイドインの軌道になっていることが条件である。


この感覚をマスターできれば、ボールをしっかり打てる。というよりフェースにボールが乗る感覚がわかる。こうなればしめたものである。カットにならないため、番手別に正しい飛距離が出るようになるのである。


ゴルファーの殆どがスライサーということで、クラブメーカーはスライスになりにくいクラブを作っている。でもクラブに頼らなくても正しいスィングの理屈が理解できれば、スライスは簡単に克服できる。その上、スライサーの憧れのドローボールも打てるようになる。


真直ぐ飛ぶ、これこそがゴルフの基本である。


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック