FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

バンコクが暑い

バンコクが暑くなっています。

例年タイの正月ソンクラーン前後は高温になります。

タイの気象局によれば、バンコクの最高気温は、4月21日から26日まで連日39度以上の高温になっているとのことです。最低気温は約29度とのことです。

数値だけ見ますと体温を超えていますし暑いですね。もう「熱い」の部類に入るかもしれません。

先日コースレッスンがありました。スタート地点では、今にも雨が降りそうな雲行きでしたが、時間の経過と共に晴れて結局完璧な晴天になりました。蒸し暑かったですね。

バンコク都内は東京や大阪と同じで、ビルや車両からの排熱などにより地方都市より遥かに高温になります。35度以上は当たり前で40度になることもしばしばです。

がしかし、そこに生活する者としてどうなんでしょうか。皆さんそんなに暑いですか?

先日ゴルフコースで知り合いのタイ人が「暑い暑い、でも普通」だといっていました。知り合いは暑いのがタイでありバンコクだ、毎年このくらいの気温になる、それが普通の暑さだと言いたかったのかも知れません。(ローンボカティ)普通に暑い=私もそう思います。

タイは年中暑いため四季が無いような印象があります。でも自然はしっかり四季を実践しています。暑季を過ぎ雨季になり乾季になります。乾季は涼しく快適ですが、植物にとっては雨が少なく大変です。

雨が少なくると木々の葉が落ちてしまいます。木々の葉が落ちるとゴルフ場は大変です。ラフなどで葉が落ちていますとボールが見えにくくなり紛失球になることが多くなります。ゴルフ場は、人海戦術で葉を除去しています。

暑さはしばらく続きます。5-6月まででしょうか。

そしてその後はグリーンシーズンと言われる雨季に入っていきます。一日一回雨は降りますが、数時間にわたることがないため、雨が通り過ぎることを待つのみです。そこに雨合羽を着てプレイしている人は皆無です。茶屋などで雨が上がるのをのんびり待っています。

ゴルフは焦ってするものではないことが良く分かります。
スポンサーサイト