FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

マットや芝が打てない

ゴルフレッスンで練習場のマットが打てない人が多い気がします。

レッスンはアイアンでスウィング形成していますが、ショットはフルショットとイメージショット(アプローチ)に大別されます。マットが打てないのはフルショットもアプローチでも同じです。

ナイスショットをするには、アイアンをダウンブローに打たなければなりません。最下点はボールの左にありますので、ボールの直近にクラブヘッドが入り、ボールをフェースに乗せたあとヘッドはさらにボールの左を削ることになります。

実際にコースではボールの左の芝が削れたり、ターフが取れたりします。このように打ち込まなければ正しいスピンがかからないため、飛距離や高さが出ません。ダウンブローに打つことは、フェースにボールを乗せるためとも言えます。

でもどうしてもボールだけを打ってしまうんですね。トップボールです。その原因はボールを打とうとするからでしょうね。スウィングイコールボールを打つと理解していますが、ちょっと違いますね。

トップになって芝を打てない最大理由は、インパクトで体とボールの距離が離れることにあります。詳しくは、セットアップで保たれた体とボールの距離がインパクトで体が起き上がるなどの理由で離れてしまうのです。インパクトゾーンで手が上方向に行ってしまったり、早く左腕が曲がったりした場合は、体(手)とボールの距離が遠くなってしまいます。

前傾姿勢が早く解除になった場合は、マットや芝を正しく叩くことが出来ません。ヘッドアップと言われる動きはそれだけでは問題ありません。が、ヘッドアップしボールの行方を見る動きが、前傾姿勢を解除する動きと同じタイミングになる、または前傾姿勢を解除する動きを助長する傾向があるため、ヘッドアップはやめましょうと言われるのです。

ヘッドアップのタイミングを遅らせればよいのです。前傾を解除した後ボールを追いかける動きは問題ありません。これはボールをしっかり見てヒットすれば解決します。

もう一度確認です。正しくボールを打つことは芝やマットを叩くこととです。芝やマットを叩かなければボールがヘッド(フェース)に乗りません。インパクトゾーンでは、体とボールの距離が変わらないよう注意して下さい。
スポンサーサイト