FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

2012年2月のスケジュール

2012年2月のスケジュールをお知らせします。(レッスン受講者用)

コースレッスン
2月18日(土)プレジデントCC
2月26日(日)バンパコーンリバーサイドGC
9:00ゴルフコース付帯の練習場集合

レッスン内容
スコアメイクに不可欠なアプローチ・バンカーショット・パッティングレッスンをスタート前(9:00-11:00)に行います。その後ラウンドをしながら個別にレッスン 1組限定で11:00過ぎスタート

参加者
10回コース終了し継続している方、またはコース経験者 
コースに出たことがない方はお知らせ下さい。
レッスン料は2回分です。




親父の一言(2012年2月)

スウィング軌道とヘッドの遅れ

速くクラブを振ろうとするとヘッドが遅れてスライスすることがあります。ゴルファーのスライスの多くは、上半身主体のアウトサイドイン軌道とヘッドの遅れで起こっています。

ボールを真直ぐ遠くまで飛ばすには、正しい軌道(スウィングの向き)でクラブを振る必要があります。どんなにパワーがあっても軌道が狂っていれば真直ぐ行きません。

軌道をチェックするには簡単です。ゆっくりクラブを振ってインサイドから振れているかどうか確認することです。もし分からない場合は、ゴルフが分かる方に側面から見てもらえばすぐ分かると思います。緩やかにインサイドからヘッドが降りてきて、ヒットした後目標方向にヘッドが出て行きます。

軌道が狂う最大理由は、トップから上半身主体で切り返しを行うためです。どうしてもアウトから被って入ってきます。腰から切り返しを行えば、緩やかなインサイドアウト(イン)軌道になることを理解して下さい。

ヘッドの遅れ現象は、振り子でクラブを振ることが出来ない場合に起こります。ショットは手の先にあるクラブのヘッドでボールを打ちますが、ボールが曲がる方の場合その殆どが手首を柔らかく使っていません。グリップがすぐ減ってしまう人や手の皮がむけやすい人は、グリップに力が入り過ぎてヘッドが遅れやすい人です。

インパクトゾーンでヘッドが手を追い越す感覚を身につけなければなりません。フルショットで覚えられない場合はアプローチショット・ハーフショットで感覚を身につけた方が良さそうです。

ゆっくりとしたスウィングからスタートして下さい。インパクトゾーンでボールがヘッドに乗る感覚を身につけて欲しいと思います。この感覚が分かれば少しずつスウィングを大きくして行きます。最終的にフルショットでヘッドが遅れないことを確認します。最初はAWやPWで行い、段々と大きなスウィングにします。その後8番アイアンで行います。

クラブをどんなに速く振ろうとしてもヘッドが速く動かなければボールは真直ぐ遠くまで飛びません。そして正しいスウィング軌道を身につけるには、正しい体重移動が不可欠という事になります。
スポンサーサイト