FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

チェンマイのゴルフコース

バンコクからチェンマイに避難して1週間が経ちました。チェンマイの状況をお知らせします。

チェンマイの気温はバンコクに比べて低く、朝は20度位で昼には26-27度で30度以上にはなりません。

チェンマイのゴルフコース情報ですが、インタノンGCが昨年オープンしました。市内からちょっと離れていますので、まだ行っていませんがまあまあの評判です。

ちなみにチェンマイの評価の高いコースはどこなのでしょうか?

個人的な判断になりますが、好きなコースはロイヤルチェンマイです。コースレイアウトは戦略的で簡単に好スコアが出ない仕組みになっています。コースは丘陵地にあり、アップダウンがあります。グリーンやバンカーなどのメンテナンスもしっかりしています。現在も最高状態を保っているのでしょうか。

コースは生き物ですから、一年を通してベストコンディションということはありません。芝が病気にならないように予防しなければなりません。グリーンが砂だらけになっている更新作業です。定期的に更新作業はしていますが、それでも雨が続いた後などは病気になります。このようにコースではベストコンディションを維持するため、様々な対策を講じているのです。

最近リニューアルしたアルパインチェンマイやチェンマイハイランドなども人気があります。コースレイアウト・メンテナンスなど総合的に見ても大変素晴らしいコースだと思います。

グリーンバレーは一時人気がありましたが、ビジター特に韓国ツアーを優先する運営で日本人が離れていった経緯があります。今はどうなっているのでしょうか。

グリーンバレーは原形は平坦ですが、コースにアンジュレーションがあります。かつてプレイした時は、グリーンが速く面白く、風が吹いたときには難しいという印象でした。今コースメンテナンスはどうなっているのでしょうか。

チェンマイのホリデイインホテルのすぐ近くに、ジムカーナGCというコースがあります。メンバーシップで9Hです。歴史は大変古くタイで最古という話があります。ロイヤルホアヒンと1-2を争う歴史なのでしょう。

コースは全く平坦ですが、木々の大きさ太さが歴史を物語っています。大木でコースがレイアウトされていますので、ティグラウンドからグリーンを見た時大変狭く感じます。実際はフェアウェイは普通なのですが、木が大きいため幅が狭く見えるのですね。

フェアウェイやラフはベアグラウンドだと思えば問題ありません。土の部分が多くクラブが壊れそうです。グリーンの芝はしっかりしていますが、短く刈っていないためものすごく遅いです。

総合的には前出のロイヤル・アルパイン・ハイランド・グリーンバレーなどとは比較になりませんが、練習や歩く楽しみ、気軽に回るコースとしては最適な部類に入ると思います。

皆さんもチェンマイを訪れた際は是非プレイしてみて下さい。平日はキャディフィ込みで18Hで500Bと格安です。
スポンサーサイト