FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

忍び寄る洪水とゴルフコース

洪水被害が甚大なアユタヤ方面から、浸水した水がバンコク湾に向かって南下しています。

昨日はドンムアン空港の先にある、ランシット方面が浸水しました。交差点にあるフューチャーパーク周辺は浸水したようです。ランシットからナコンナヨック方向には、ランシット運河があります。運河・水量はバンコク近郊で最大級です。

この運河沿いには、ナコンナヨックに向かって右手にロイヤルジェムシティ、クルンカビーGCがあります。左手にアルパイン、さらに奥に行きますとウォーターミル、アティタヤGCなどがあります。

近くから流入してきた運河の水は一杯一杯です。あと30-50cm水かさが増えれば洪水が始まりそうな水位です。土を盛って堤防らしき物を作っています。高さは0.5-1mです。でも水かさが増えれば一気に決壊するでしょう。

10月19日(水)運河のすぐ近くにあるロイヤルジェムスGCの新設姉妹コース、ロイヤルジェムシティGCでプレイしてきました。新設コースはコースは完成していましたが、クラブハウスは建築中で、来年開業に向けたソフトオープン中ということでした。

コースレイアウトは、ロイヤルジェムスGCよりずっと高低差があり、殆どのホールが緩やかな打ち上げ打ち下ろしです。バンコク近郊は平らなコースが多く、このようなコースはプレイして新鮮であり楽しいですね。

コースはまだ未完ですが、将来的には18H*3コースプラス9Hつまり54+9=63ホールの規模になるようです。タイで最大級のゴルフリゾートが誕生します。

ロイヤルジェムスGCは以前から高い評価を受けてきました。コースレイアウト、コース管理、ターフメンテナンス、サービススキルなどが高評価の要因です。コースのイメージは、木々も大きく堂々とした感があります。

新設のコースは、バンコク市内中心部から25km位の所にあります。私のMSからは、モーターウェイを空港方面に進み、アウターリングからラムルッカ方向に行きます。ランシット-ナコンナヨックで降りて15分位ですから、40分程度の至近にあります。

デザインは随所にオーガスタナショナルの雰囲気を取り入れています。プレイして「ここはオーガスタの何番」というホールに遭遇しました。結構楽しくプレイできました。

植栽に気を使っています。今はまだ小さな木=それでも3-5mですが、将来は大木と思われる沢山の樹木が植えられています。10-20年で雰囲気や景観が全く変わってくるはずです。

コースのすぐ近くで洪水被害が出ています。その場所に至近のゴルフコースでありながら、洪水になっていないのです。

洪水の原因は沢山あると思いますが、大量の降雨をクリアできる治水システムの構築が急務です。

タイでは政争が続き治水対策が棚上げになってきたのが、今回このような形で大きな被害になっています。早急な対策を講じるようお願いしたいものです。
スポンサーサイト