FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

洪水被害

「この度の洪水被害対し謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を祈念致します。」

タイで発生している洪水被害についてです。

チェンマイ県など北部では時々洪水が発生しますが、今回のような大規模災害は1996年の洪水以来だそうです。

特にアユタヤ県周辺部では、日系企業が多く入居している工業団地が軒並み被害にあっています。所によっては深さが、3-4m以上と言いますから建物の2階部分まで冠水していることになります。

洪水のピークは終わり、バンコク市内は洪水被害が回避されるというバンコク都庁の発表がありましたが、依然として天候は悪い状態が続いています。雷を伴った雨が断続的に降る可能性があり、今後も注意が必要です。

レッスンの受講者の勤務先に洪水被害が及んでいます。謹んでお見舞い申し上げます。浸水・冠水した場合、ありとあらゆる物が一緒に建物内に流入していますので、水が引いた後の処理が大変です。

工場に備え付けの機械等は簡単に移動できないため、大きな被害が出ているようです。営業所など事務部門が被災地にある場合、バンコク市内に一時的に非難しています。バンコク市内中心部には被害が及んでいないためです。

ゴルフコースにも被害が出ています。アユタヤ県のゴルフコースは冠水しているところがあり、営業を中止しています。アユタヤGCの冠水は最初に報道されました。

そのほか周辺部、パトンタニ周辺もゴルフコースが冠水しています。バンコクゴルフやチュアンチューンなどです。ラムルッカGCは10/18に確認の電話をしたところ、通常営業とのことでした。バンコク周辺のゴルフコースは、全てが冠水しているのではなく、一部地域のコースが冠水し、被害が出ています。

洪水被害が一段落するにはもう少し時間がかかりそうです。

そして11月からは乾季に入り、ゴルフのベストシーズンになります。
スポンサーサイト