FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

新設ゴルフコースの危険性

9月末にプレザントバレーGCで試合があります。今日はそのための練習ラウンドでプレイしました。

朝6:00に自宅を出発しました。パタヤ方向にモーターウェイを走り、料金所の先にあるサービスエリアで朝食を取り、7:30にはハウスに到着しました。

このコースは今から2年位前仮オープン時に一度プレイしただけでした。コースレイアウトが良く理解できていないため、今日は2Rを予定しています。が残念ながら11:00過ぎからコンペがあり、1Rだけしかできませんでした。

7:30カートでスタートし1R終了は、10:00でした。1R丁度2時間半です。時間も早かったのでこのまま帰らず、すぐ近くのバンプラGCで久しぶりにプレイすることにしました。同じ日に違うゴルフコースを回りましたので、コースの違いをお知らせします。

プレザントバレーGC
1.全体的にコースが狭い
2.No.11-12などホールの幅が狭く、双方から打ち込むレイアウトで危険
3.ティグラウンドに立ってグリーン方向を見た時、どこに打てば良いか分からない
4.グリーン面が硬い
5.グリーンの刈高が長く遅い
6.バンカー周りの管理がされておらず、草ぼうぼう。ラフではロストの可能性大
7.練習場が無い、パッティンググリーンがない

バンプラGC
1.全体にアップダウンがありゆったり感がある
2.コース幅は広く取っており、万一隣のホールに打ち込んでも危険性は少ない
3.ティグラウンドに立てば打つ方向が分かる
4.グリーン面は適度な硬さ傾斜があり、かつ速い
5.バンカー周辺の管理がしっかりしており、エッジが明確
6.ドライビングレンジ、アプローチ、パター練習場完備
7.ハウスは日本的、プレイヤーは日本人中心

かつてコースを作ることに携わった者として、これだけ鮮明・明確に違いがあることを知らされました。

4-5年ぶりにバンプラGCでプレイしましたが、樹は大きく、コース幅もゆったりしており風格を感じさせます。アップダウンがあるため、日本の有名コースに近い雰囲気がありました。No.10-12のレイアウトが以前と大分変わっていました。

コース管理が抜群に良くなりましたね。さすが日系企業です。

コースのゆったり感を出すには、占有面積がどのくらいあるかだと思います。ゆったりした敷地にゆったりとしたコースレイアウトを作るには費用がかかります。プレザントバレーGCの隣のホールとの幅が全く無いようなつくりは大変危険です。もう少し何とかならなかったのかと残念です。

一般的に言えることですが、バンコク周辺の新しいコースは、結構無理して作っています。木も少ないですし、ホール間のゆとりもありません。コースの幅も狭いため打球事故が起こって当たり前のような気がします。

新設コースでプレイする際は打球事故に注意が必要です。
スポンサーサイト