FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

目を瞑ってもパットは入る

この度の東北関東大震災により被災された方々に、心よりお見舞い申しあげます。一日も早い復興を祈念致します。



ゴルフで1-2mのパターが入らないときがあります。真っ直ぐなラインと信じて打ってもカップを入りません。

タッチが合わず、カップに蹴られることもあります。こんな時は、「今日は運がない日」と割り切るようにしています。

皆さん、ラウンドが終わった後、パター練習をしたことがありますか?

ゴルフ上達の秘訣は、予習より復習と言われています。次回に向けて、パターで今日の反省をしてみて下さい。

ところで、1-2mの話ですが、目をつぶって打ったことがありますか?

目を開けてパットするより、目を閉じてパットした方が入るような気がします(するときがあります??)

練習では何回もやったことはありますが、本番ではさすがに勇気が要ります。それから最初からカップを見たまま、数回素振りをし、その後もカップを見たまま、ボールを見ないでヒットするというのもあります。

「ボールを目で追う、それによってスウェーしてしまう」つまりインパクトの際に軸がぶれ、打点が変わることを防止するため、ヒットした後ボールを追わない、ヒットした後、ボールを見ないという方法です。

その極論が、「ボールを見ないでヒットする」なのです。

どんなものか是非お試し下さい。


レッスン受講者への4月のスケジュール連絡
「親父の一言」から
スポンサーサイト