FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフはもっと頭を使うと良い

現代医学情報によれば、右脳と左脳の役割は、血液型の性格分類と同じように明確にはなっていないようです。

でも一般的には、左=理屈脳、右=感覚脳と言われています。

この脳の特徴を知ることが、ゴルフの上達を目指す場合、大いに参考になるのではないでしょうか。

一般的に「脳は、反復を繰り返すことによって記憶が強力になり、さらに進むとその記憶が小脳にコピーされ、反射的に行動できるようになる」ようです。

脳を活性化し体の動きをスムーズにする方法として、脳のトレーニングが良いといわれています。感覚脳の右脳のトレーニングに役立つといわれるのが、「球技」だそうです。練習したり、プレイしたりしている間に、右脳は活性化され、リラックスした状態に持っていくことができるようです。

ゴルフは道具=クラブを使いますが、体とボールの間に道具=クラブが入ることで、距離感をとることやボールの扱いが難しくなります。そうすると、それだけ脳が活性化されることになります。さらに道具=クラブを使う際に、指先の小さな筋肉や関節も使うので、それも脳の刺激になります。

このように脳を活性化する=右脳のトレーニング=ゴルフ上達の近道という仕組みです。

皆さんも是非右脳トレーニングを実践してみてはいかがでしょうか。

具体的には

1.繰り返し練習し、体で覚える。
2.頭で考えたあとは、感覚・フィーリングでショットする。
3.ミスショットが出たらなぜかを考える。
4.その後また感覚・フィーリングでショットする。
5.無意識に体が動く感覚を体得する。

ということになりそうです。(でもこれはいつもレッスンしていることです)

もう一度確認です。

脳は、反復を繰り返すことによって記憶が強力になり、さらに進むとその記憶が小脳にコピーされ、反射的に行動できるようになる。

ショットは無意識(何も考えず)にするものなのですね。
スポンサーサイト