FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

カンチャナブリ・ブルーサファイアGC

今朝6:30にAPを出発して、150km離れたカンチャナブリに来ました。車を借りて自分で運転してです。

2月3日から5日までシニアツアーがあるからです。開催場所はカンチャナブリのブルーサファイアGCです。

今回は韓国人ツアー客がホテルを占領しており、ゴルフ場付帯のホテルに宿泊できませんでした。今日から5泊はコースから4km離れた所にある、「ゲストハウスイン」と言うところに宿泊します。

今までツアーで地方に行きましたが、付帯のホテルが一杯ということはありませんでした。勿論昨年のこの試合もコースのホテルに宿泊しました。今年はちょっと異常ですね。

韓国ツアー客が異常に多いのです。

これはどういうことか簡単に説明したいと思います。韓国ツアー客は、タイ人や日本人の行かない空いているコースを好みます。ちょっと遠くて行きにくいコースです。他の人たちが行きにくい、行かないコースが韓国人で一杯になります。するとタイ人や日本人がプレイできなくなります。ますます韓国人が行くコースという認識が強くなり、タイ人や日本人が敬遠してきます。あっという間に韓国人御用達コースが出来上がります。

韓国人が多くなりますと、ホテルのマネジメントも韓国人が行うようになります。こうなるともうホームページもハングルで書かれたものが出現し、ここは韓国かというゴルフコースになってきます。

反面見方を変えますと、日本人は昼はゴルフで夜はカラオケやマッサージという言う欲張りパターンを好みますが、韓国人は毎日ゴルフ漬けのコースステイを好むということになります。それだけゴルフには非常に熱心なのです。

先日コースレッスンで訪れたウォーターミルGC、アティタヤGCは完璧に占領されていました。韓国人の家族連れや学生の合宿会場になっているのです。

うーん!ゴルフに対する取り組み姿勢が日本人と違いすぎます。皆さん、これが今の韓国ゴルフの強さの原点だと思いませんか?。

日本人のように昼はゴルフ、夜はナイトライフではないのです。完璧なゴルフ漬けなのです。ここまで徹底していますので、残念ながら今回のように、試合であってもコース付帯のホテルに泊まれない状況が発生するのです。

仕方ありませんね。韓国人ツアー客はタイ国に大いに貢献している訳ですから。

そんな訳で一泊400Bのゲストハウスに宿泊し、これから試合に臨みます。ゲストハウスは結構快適です。(のような感じがします)もっともただ寝るだけですけど。
スポンサーサイト