FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

飛距離アップ

当たり前の話だが、ゴルフの理想的な弾道は、飛んで曲がらないことだ。


メーカーの新製品発表時には、従来製品と比較して、10%飛距離アップなどと表示告知している。毎年クラブを変えれば、5年間で50%飛距離がアップされる計算になるが、初心者を除いて50%以上飛距離が伸びたという話は聞いたことがない。


ゴルフの楽しみの一つにドライバーの飛距離の醍醐味がある。多くのゴルファーはより遠くに飛ばしたい。でも、殆どの人が、飛距離アップをするための練習もせずに、ゴルフコースでクラブを振り回している。


飛距離はクラブだと信じている人も多い。飛距離アップをクラブに頼ってしまうと、次々にクラブを取替えなければならなくなってしまう。今使っているクラブは最初は飛んだのだが、段々飛距離が落ちてきたと言っては、ついまた買ってしまう。


飛距離は、先天的なものがあると言われる場合がある。つまり、飛距離は生まれつきのもので、飛ばない人はどんなに頑張ってもあまり飛ばず、飛ぶ人は何を使っても飛ぶと言うものだ。


この考え方は、正しいような気がするが、間違っていると思う。その理由は、女子プロの飛距離を見てみれば一目瞭然である。効率の良い体の使い方を習得することで、飛距離アップができる。


ゴルフ塾やプライベートレッスンでは、8番アイアンで練習することが多い。打ちやすいクラブでスィング形成をし、他のクラブに応用していくというごく普通の考え方である。8番アイアンで飛距離が伸びれば、すべての番手が飛距離アップする。ドライバー然りである。


飛距離はスィングの速さと相関があるため、インパクト後にクラブのヘッドスピードが最大になるよう振れれば、飛距離はアップする。


飛距離が伸びたり、飛ばなくなる要因は沢山あり、ヘッドスピードだけがすべてではない。また、もっと飛距離が欲しいと願う人達のヘッドスピードはなかなかアップしないのが実情である。


クラブが仕事をしてくれて、勝手にヘッドスピードがアップするという、夢のようなクラブ(シャフト)もある。でも、最も効果的なヘッドスピードアップ方法は、素振りである。毎日8番アイアンを素振りを続けてみたい。3ヶ月や半年後には間違いなく、ヘッドスピードがアップしていることが判る。


飛距離アップには、毎日やる素振りが最も効果的である。


そしてこのことは、何事も根気良くという喩えでもある。


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック