FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフコースのランクとは? その1

タイには素晴らしいコースが沢山あります。

今まで約10年間にプレイしたコースでランクの高いコースは、北方面ではサンテブリチェンライです。飽きないデザインでプレイヤーを楽しませてくれます。アップダウンは結構あるため歩きはきついかもしれませんが、このコースの良さはゆっくり歩きながらプレイすることです。

平らなところが殆どない丘陵地ですが、バランスが取れていると思います。デザイン、管理、サービスです。ハウスもけばけばしくなく、落ち着けます。

チェンマイは老舗のロイヤルチェンマイです。嫌味がなくオーソドックスで難しい、そんなコースです。バンコク周辺は難易度を高めるために、池を多用しますがこのコースは丘陵コースで、池以外のハザードを用意しています。やっぱりここも歩きです。

自分がチェンマイで一番好きなコースです。まずゴルフ場は綺麗でなければいけません。綺麗とは箱庭的に作られた物ではなく、芝の緑と、バンカーの色合い、そして木々、遠くの山並みのバランスのことを言います。まったく絵に描いたようなコースです。

バンコクから北西に1.5時間の所にあるロイヤルラチャブリは、穴場です。

レイアウトもしっかり、管理も相応で料金が安いと三拍子そろっています。森の中のコース的な感があり癒されます。コースは結構難しい設計です。ティショットも気を使わなければならないホールが沢山あります。グリーンは三段グリーンまであり、ショットが良くて安心というわけには行きません。

グリーンに乗ってからが問題です。ショットは練習場で練習できますが、パターだけはコースでやるしかありません。グリーンは経験がものを言います。このコースは「上級者かかって来い」といっている感があります。何回でもチャレンジしたいコースです。

今回はゴルフコースのランクということで、素晴らしいコースをご紹介していますが、実はゴルフコースのランクを語る時まず、チェックしなければならないのが、バンカーの管理と常々考えています。

バンカーは、ハザートです。ハザートとスルーザグリーンの境界が明確になっていなければならないのです。どういうことかと言いますと、芝と砂のエリアがはっきり分かることなのです。

当然のことながら、ご紹介した上記コースはこれらの管理がしっかりしています。

皆さんが今度ゴルフ場に行った時、この部分をチェックしてみて下さい。バンカーの端に芝が入り込んでいる様なコースは、コース管理がしっかりしていないコースなのです。
スポンサーサイト