FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

右手の役割

ゴルフスウィングでは、不器用な部分をもっとつかうべきと考えています。

上半身と下半身では下半身を、右手と左手では左手をもっと使うべきです。

器用な部分といえば、例えば右手ですが、日常生活では普通にいつも使っています。でもゴルフでは右手主導で同じスウィングを繰り返し行うことはできません。

具体的には器用故に同じことが出来ないと考えられます。器用だから単純な動作がいつも出来るような気がしますが、実際はその逆で毎回違う動きをしてしまうのです。

毎回同じ動きをしようとした場合は不器用な方が上手く行きます。ある部分ゴルフスウィングは単純な動作です。慣れていない人には、(慣れている熟練者にも)複雑な動作に感じられます。でもスウィングプレーン(軌道)や腰の回転、ヘッドの動かし方などは複雑に思えますが、単純なのです。

ヘッドの向きを変えずにバックスウィングを開始し、ダウンスウィングでも同じようにヘッドが正しく目標をむいたままボールに向かっていきます。インパクト後もフェースがクローズになることなくヘッドがターンするだけです。ヘッドの向きは、ずっと変わらないのです。

この向きを変えてしまう要因に右手の使いすぎがあります。

トップスウィングで作られたひじの角度を、インパクト時にただ伸ばす(開放)するだけなのです。右手の役割は単純にいえばエンジンの役目なのです。

腰の回転=体重移動がスウィングの基本です。ひじの曲げ伸ばしとヘッドを加速するヒンジングのセットが強烈なパワーを生み出します。

これら3種類に上半身の捻転開放がプラスされてゴルフスウィングが完成します。

ボールが真っ直ぐ行かない原因は、殆ど右手にあると考えられます。バックスウィングでヘッドが外に上がるケース、ヘッドがオープンクローズになるケース、ヒンジングのタイミンガ遅れるケースなどすべてに右手が関与しています。

右手を使いすぎている場合は、右手が痛くなったり、皮がむけたりすることで分かります。またクラブのグリップの右手部分が減っている場合は、完璧な右手の使いすぎといえます。

正しいスウィングを阻害する(ちょっとオーバー)右手を封印して下さい。正しいスウィングは不器用な左手や下半身の積極的な動きが必要なのです。

スポンサーサイト