FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

チャアムとホアヒン

バンコクから南に200KMほど下ったところにチャアムがある。ここはのんびりした海浜リゾート地で、大型ホテルもあるが安く宿泊できるコテージやビラなども多い。バンコクから車で2時間半くらいの距離のため、バンコク市民の保養地の一つになっている。


ここからさらに20KMほど行ったところにホアヒンがある。この街は5-6万人と決して大きくはないが、王室の保養地で、警備がしっかり行なわれている。治安も良く対岸にあるパタヤのような賑やかさがない代わり、静かにゆっくりできるリゾート地である。


チャアムやホアヒンには素晴らしいゴルフコースがある。各コースは、レイアウトやコンディションに其々趣がありプレイして面白い。


6ヶ所ほどあるコースの中で、好きなコースはスプリングフィールドとロイヤルホアヒンだ。


前者は丘陵林間コースである。バンコク周辺は、土地がフラットなためどうしても河川敷のようなつくりになってしまう傾向があるが、ここは自然の地形を活用した緩やかなアンジュレーションがある。


ジャック・ニクラウスの設計で、1993年に開場している。コースレイアウトは勿論のこと、しっかりとしたターフ管理でベストコンディションをキープしている。当初はクラブハウスだけだったが、最近ビラを建設し、ゴルフコースホテルとして運営している。周囲の景観と相まって、高級リゾート気分が堪能できる。


もう一つのロイヤルホアヒンは、1924年に開場したタイ最古のゴルフコースである。アップダウンが多く山岳コースに近い。開発当時の状況を考えれば、とてつもない立派なコースを開発したものである。


打ち上げ打ち降しや、谷越えなどが多く、大変ダイナミックなコースでもある。残念ながらターフコンディションはあまり良くはない。芝の下の砂が圧倒的に不足しているため、フェアウェイもカチンカチンで良く転がる。


スプリングフィールドが最高級リゾートコースなら、こちらは歴史の長さNO.1の庶民的コースである。クラブハウスも質素でレストランにはエアコンもない。休み屋(サッラー)のように壁や窓がない作りのため、自然に風が入り心地よい。


チャアムやホアヒンの楽しみの一つに、シーフードがある。チャームではパラソルの下に入るやいなやすぐ物売りが来る。主にシーフードである。海老やかには活きが良く、ナンパー系のタレをつけると格別に美味い。シーフードを肴にビールを飲み、ゆったりするのも悪くない。そして、これらは、バンコクやパタヤより遥かに安いのである。


また、ホアヒンにもシーフードレストランがあり美味い。ホアヒンは、ファラン(西洋人)が多くフレンチやイタリアンも水準は高く、結構美味い店が多い。


時間があれば、チャアムやホアヒンに出かけてみることを是非お勧めしたい。 


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック