FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ホアヒンで宿泊研修 ロイヤルホアヒン-2

ロイヤルホアヒンGCでは、チェックインしてすぐコースに出ました。パターもそこそこでした。

というのは、練習グリーンは、大変遅く練習グリーンと実際のグリーンではスピードが違いすぎるような気がしました。

やはりコースのグリーンのスピードは普通でした。

練習グリーンとコースのグリーンでスピードが違うことがあります。このようにスピードの違うグリーンで練習して本番の速いグリーンで上手く打とうとしても中々上手く打てません。距離感がおかしくなってしまいます。

一般的には、遅いグリーンは初級者・中級者向けでしょう。速いグリーンはタッチが合わずオーバーしてしまいます。オーバーするのが嫌で、今度はショートです。初級者や中級者は速いグリーンでは3パットを連発してしまうのです。

対策はひとつです。速いグリーンに慣れておくことです。勿論基本的なラインの見方を知っておかなければなりません。そのためにはグリーン上では、必ず歩測してカップの反対側から見る癖をつけておくことです。これらの基本動作の積み重ねで、少しずつパターが分かってきます。

そのようなことで皆さん慣れないアップダウンあるコースで18Hが終了しました。

昼食はクラブハウスで頂きました。ハウスは窓がないつくりです。勿論エアコンはありません。自然の空気がハウス内に入ってきますので、あまり暑くは感じませんでした。と言いましてもやはり汗をかいた体には扇風機が心地よかったです。

今日のレッスンは、斜面での対応方法やラフに入ったときのマネジメント=処置方法が中心でした。ラフからラフへ、林では大きな木に当たって逆戻りしてしまうケースなど様々ありました。林の中では直接グリーンは狙わないことです。フェアウェイに出す場合でも、ボールが上がって木や枝にぶつからないか、前方だけではなく、上もチェックしなければナイスショット(リカバリー)はできません。

ホテルでチェックインの後、予定を変更してメンタルトレーニングを始めることになりました。いつもは夕食後に行いますが、今回はコースマネジメント学習やメンタルトレーニングを先に行い、終了後(2.5H)シーフードレストランに出かける予定を立てました。

続きは次回です。
スポンサーサイト