FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

キャディのチップ

タイのゴルフはプレイが楽です。その理由はキャディが一人ずつついていることです。希望があれば2-3人つけられますが、グリーン上などでは、結構邪魔になりますので、一人が無難なところでしょう。

ところで皆さんは、プレイ終了時にキャディチップを渡しますが、いくらぐらいあげていますか?

私は普通で250-350Bです。最低の働きしかしなくてもこれより下がることはありません。良く仕事をしてくれた場合は、350B以上の場合もありますし、試合の場合は、500Bをあげています。

今日レッスンで行ったゴルフコースでのチップの話です。

タイ人の平均は250-300B、韓国人350B、日本人200B、ファラン300-500Bだそうです。日本人のプレイヤーのあげるチップが一番少ないと言われました。以前にもこのような相場の話を聞いたことがあります。

私はタイでゴルフをして10年になります。その時の一般的なキャディチップの相場が200-250B、ランクの高いコースで300Bと教えてもらいました。

もうあれから10年が経過しています。日本人があげるチップの平均200Bは、10年前も今も変わらないということになります。物価上昇も関係なくずっと同じなのです。

キャディチップは気持ちですから、固定しなくても良いと思います。良く仕事をした場合多めに、そうではない場合は少なくが原則だと思います。しかし、タイ人にとって身近な外国人、それも豊かな国といわれる日本人が一番「けち」と言われているのです。何か情けなくなりませんか。

通常200Bで固定しているプレイヤーの皆さん、是非再考してみてください。日本人は優しい、でもチップは少ないといわれたいですか。普通の相場、250-350B位にアップされたらどうでしょうか。

50Bか100Bのアップで「けちな日本人」から「普通のプレイヤー」ですよ。
スポンサーサイト