FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

パターとは?

ゴルフレッスンは練習場でのスウィング形成とゴルフコースでのショートゲーム・スコアメイクレッスンに大別されます。

ゴルフを始めたころは、真っ直ぐ遠くまで飛ばしたい気持ちが強く、長いクラブを練習する傾向があります。仕方ありません。ドライバーは打った音も大きいですし、全てのクラブの中で一番大きな動きを必要とします。派手ですし、体を目一杯使います。練習している気持ちにさせてくれます。

次にミドルアイアンでしょうか、やっぱりゴルフはアイアンだと気がつくにはそんなに長い期間を要しません。

上達につれて段々と短いクラブ、例えばPWやAW、SWを練習する時間が多くなります。これらを練習しているころには90以内で回っているでしょうか。

ゴルフ練習場では8番アイアンをメインにしてスウィング形成をしています。理由はやさしいクラブだからです。成功体験を記憶することはゴルフではとても重要なことですが、スウィングを覚える際にも同じことが言えます。最初から難しいクラブを一生懸命練習することは、スウィングを壊すことにもなりますし、第一覚える・記憶するスピードが遅くなります。

やさしいクラブで形を覚えて難しいクラブに移行していくほうが順序としては正しいのです。

一方ゴルフコースのレッスンですが、皆さん誤解しています。なぜ誤解かといいますと、ある程度スウィングができてからコースレッスンを受講したいといいます。ある程度スウィングができるのは良いのですが、スウィングができて真っ直ぐ行く確率が上がってもスコアメイクができません。

その理由は、ショットとスコアメイクの違いがあります。スコアメイクはショット技術とは別の技術であり、経験の蓄積です。よく練習場シングルという言葉を使います。練習場では素晴らしいショットが打てるのに、コースでは上手く打てないし、スコアをまとめられない人のことを練習場シングルといいます。

スコアメイク技術で最も重要なのがパターです。

パターは18ホール中、各ホール2パットと計算すれば36パットになります。パープレイでプレイする人の約半分のショットがパターです。

100位で回る人にとっても、36パットは35%の比率があります。130位で約25%程度になるでしょうか。多く叩くプレイヤーになればなるほどパターの比率が下がります。したがってあまり練習しない、重要性をまだ認識しないのです。

次回に続きます。
スポンサーサイト