FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

バンコクのバスはタイスタイル

先日夜間のレッスンが終わり、TEE-OFFの外に出たら、先ほどまでレッスンを受講していたSさんに会いました。SさんはTEE-OFFの前のバス停でバスを待っていたのでした。

Sさんの運転手は残業が嫌いだそうです。夜間には車両が使えないということで、いつもレッスン受講はバスで来られるそうです。APはプロンポンの駅前ということですが、BTSよりバスが便利なのでしょうか。

私はアソークから地下鉄に乗換えですが方向が一緒なので、二人でバスで帰ることにしました。Sさんはプロンポンまでで、私はアソークまでです。黄色いバスが到着しましたので、乗り込みました。中はびっくりするくらいエアコンが効いています。女性車掌が来たので、乗車料金を払います。プロンポンもアソークも12B(約35円)です。

車両は大変綺麗です。今まではエアコンバスといえば青とオレンジです。またエアコンなしは、公営の赤バスと委託の青バスがありましたが、最近は最新型の黄色のバスが走っています。スクンビット以外ではもう少し小型のメトロバスもあります。

バスは綺麗ですが、音が結構煩かったですね。タイのエアコンバスは殆どがオートマチック車ですから仕方ありません。ちなみにこの黄色バスは中国製のようでした。

Sさんと社内で話をしているうちに、プロンポン駅前に到着しました。Sさんと挨拶した後、バスは少し走ってバス停に止まったようです。

前後のドアが開いたままバスが動きません。3-5分です。

何があったのでしょうか?

答えは以下です。

バスの運転手と車掌はご夫婦のようでした。運転席の横に小学生の子供が立っていました。乗車したときからずっとです。それがプロンポン駅で突然降りたのです。お母さんと思われる車掌から20Bをもらっていました。急いで車外に出た後、ドアは開いたまま停車しています。

子供が戻ってきました。手にはカオニヨ(もち米)とおかずが握られていました。

開いていたドアが閉まり、何事もなかったように出発しました。バスが停車していたのは、運転手(または車掌)の子供が買い物に行くためだったのです。子供は車内に戻ってすぐ食べ始めましたから、お腹が空いていたのでしょう。

少しびっくりしました。

初めて乗った最新型黄色バスの車内のひとコマでした。
スポンサーサイト