FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

スウィングは自分で分からない

先日のレッスン時のお話です。

ある方のレッスンでしたが、ボールポジションが間違っていました。ドライバーはいつも左足踵線上にセットしていますが、その時はボールがスタンスの中に2個ぐらい入っていました。ショットの結果は、左右に曲がり、しまいにはボールの下にクラブヘッドが入ってしまってテンプラの連発です。

ショットが全く安定しないため、まずは体とボールの距離、そしてボールポジションをチェックした結果、ボールがスタンスの中に入っていたのでした。またダウンスウィングで腰が目標方向にスライド(スウェー)していたため、芯に当たらずテンプラになっていたのです。当然上体でボールに向かっていきますので、アウトサイドイン軌道です。

レッスン時ドライバーが当たらない場合は、アイアンも当たらないケースが多く、ドライバーを持つことにより、スウィングが壊れるケースが多く見受けられます。アイアンの場合はダウンブローに打ちますから、ボールの先までヘッドが延びて行きます。そのために多少ダフっても何とか飛んでいきますが、ドライバーの場合はそうも行きません。

アッパーまたはレベル軌道でボールを捕らえないと曲がってしまいますし、高さが一定しないのです。一番軽く一番簡単なクラブのドライバー(?)ですが、スウィング以前にボールポジションや体との距離をチェックすることが重要だと言えます。

ゴルフスウィングは自分では分かりませんが、レッスンでいつも見ていますとよく分かります。前回と今日は何が違うか、スウィングリズムがいつもと比べてどうなのか、本当によく分かります。

が、しかし私がボールポジションの違いを指摘したにもかかわらず、この方は、自分はマットが曲がっているのでこのボールポジションで正しいと言い出したのです。ボールに当たらない状況下、私の指摘が間違っているということです。いや~正直驚きましたね。

マットがどうあれボールポジションがいつもと違うために当たらないのです。スウェーをし、上体中心の手打ちになっているためスライス、テンプラの連発です。ドライバーで打ったボールが隣の打席に飛び込んできます。ミスが出る原因を探り、正しいショットができるようにレッスンした結果がこれです。

レッスンの意味は、自分が分からない部分をプロに見てもらうことでもあります。自分はこれで良いと言い出してはレッスンにならないのです。

私の指摘が間違っていると言うなら、真っ直ぐなボールを打ってからにして欲しいものです。
スポンサーサイト