FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ショットの基本はアイアンでつくる

ショットの基本はアイアンでつくる。

先日ゴルフが上手な方とプレイする機会がありました。この方は、ドライバーの飛距離が出ないため、二打目は殆どFWかUTクラブで打っていました。グリーンに乗る機会が少ないのです。ウッド系はアイアンに比べて方向性が悪くなるのは当然です。

このような場合ドライバーで飛距離を出す練習は逆効果で、スウィングを壊すことになります。8番などのショートアイアンでスウィングを作ることが第一で、その応用としてドライバーがあると考えます。

そしてショットはダウンブローです。腰を回しながら(体重移動)腕を下方向に伸ばします。腰が回りながらですから、ボールをヒットした後、ボールの左側が打てることになります。これはラフやディボット跡の悪いライから打つ基本になります。

なぜゴルフコースで上手く打てないか考えた場合、理由は沢山あります。がダウンブローに打てていない場合のミスが殆どです。飛距離を出す、方向性を出すために是非ボールの左を打って下さい。

練習場で8番アイアンを練習する理由は、得意クラブにしてしまうことと(自信をつける)正しいスウィングを身につけるためなのです。

レッスン受講者へのスケジュール連絡
5月の一言から
スポンサーサイト