FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

UDDデモ関係

全く沈静化する気配がないUDD(タクシン派)のデモとそれに対応する政府の状況です。

今日はレッスン受講者が外出禁止ということで、レッスンがキャンセルになりました。午後からムアンエイク・ビスタに練習に出かけました。

金曜日はスポーツディで、トータル650Bでプレイが可能です。パー70と短いですが、練習にはもってこいのコースです。パー70というのはパー3が、アウトインで4ホールあるのですが、当コースは6ヶ所あります。長いから良いというわけでもありませんが、短いショートは基本的なスウィングができていればパーで上がる確立が高いですから、スコアメイクの練習にも適しています。

スポーツディということもあり、駐車場には車両も多かったですね。コースもそれなりに混雑していました。ここのコースの混雑は、他のコースの混雑と違い、割合とパスもさせてくれますので、あまり詰まっている感じはありません。

帰りも普通に1時間で帰宅しました。UDDデモがあり、昨日は死傷者もでた気配は全く感じられません。

タイの天候は局地的です。バンコク市内スクンビットで大雨が降っていても数キロ離れたラチャダー地区は降っていないことが良くあります。日本のように関東地区が一日雨のような天候ではなく、通り雨のようにすぐ回復する天候なのです。

UDDのデモの話ですが、局地的です。昨日日本人が多く集まるサラデーン・タニヤ周辺で爆発が起こりました。死傷者も大勢でました。これからの動向が大変気になります。一般市民が巻き添えになることは絶対避けて欲しいのですが、観光地・混雑エリアですから、今回のように巻き添え事故が発生したと推察されます。

バンコク市内または近郊は全く平穏としか言いようのない静かな状況です。ゴルフ場や市内のレストランも普通に営業していますし、普通に客が入っています。

天気の局地的という話をしましたが、UDD関連の騒乱はまさに局地位的に展開しています。

デモ関連の地域には絶対近づかないことです。これが身を守る基本中の基本です。




タイ在留邦人の皆様へ

【大使館からのお知らせ】
                    緊急一斉メール

=====================================================

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年4月23日14:00現在)

1.タイ政府当局は、UDDが集会により占拠している地域(ラチャプラソン交差点~シーロム交差点を中心とする地域、地図は大使館ホームページをご参照下さい)における排除に向けた措置をとることを改めて強調しつつ、周辺の治安要員の配置を強化しています。これに対し、UDD側は警戒を強め、占拠地域外縁の6カ所に設けているバリケード及びバリケードにおけるUDD側検問を強化しており、これら地域での緊張が高まっています。

2.昨22日(木)深夜、シーロム地区のBTSサラデーン駅、デュシタニホテル付近及びシー・アユタヤ銀行付近において爆弾事件が発生し、死者1名を含め70名以上の負傷者が出る事態となりました。その後も、同地域周辺では小競り合い等が発生しており、今後も再び不測の事態が発生する可能性は排除できません。

3.現政権支持の市民集会も場所を変えつつ複数箇所で毎夕行われており、本23日(金)にはラーマ5世騎馬像前広場で10万人規模の集会を行う旨発表しており、バンコク都における各種集会等の活動が広範囲に拡がり、より活発に行われる状況となっており、注意が必要です。

4.ついては、UDDの占拠地域及びバリケード付近、特にシーロム交差点周辺にはできるだけ近づかないようにして下さい。これら地域の近くに滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、不要不急の外出は控えて下さい。また、各種集会が行われている地域には近づかないようにして下さい。

5.また、これら地域以外の外出にあたっても、報道等から最新情報の入手に努め、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

6.なお、本23日(金)、BTSはナショナル・スタジアム駅からチョンノンシー駅までの区間の運行を停止しており、午後6時以降は全線運行停止となる予定です。地下鉄(MRT)についてもファランポーン駅からクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅までの間の運行を見合わせております。

【ご参考】
【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット www.sakurakiss.net/ )

【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88 FM88
・95.5VirginHitz FM95.5

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)FAX :(66-2)207-8511
スポンサーサイト