FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ナイターゴルフ(パインハースト)

「今日のレッスンはナイターゴルフに行きませんか」「OKです」
先日夜間のレッスン時に、レッスンをずっと継続しているTさんに電話しました。

サミットウィンドミルCCを予定しましたが、電話しましたらお休みということで、パインハーストCCに変更しました。皆さんご存知だと思いますが、当コースは集客力抜群のフラットなコースで、20年の歴史がある有名コースです。久しぶりにに行くことになりました。

ロッジが併設されたパインハーストCCは、ドンムアン空港の先10kmくらいのところにあり、1990年開場です。設計は日本人の相原さんと言う方です。

APから40分かかり18:00前到着しましたが、ハウス到着時から臭いのです。近くに食品加工場または養豚場があると推察されます。多分後者でしょう。何しろ爽やかな日没近くの風に乗って強烈に臭いのです。かつて所属していたゴルフコースの近くに養豚場がありました。全く同じ匂いでまいりました。

強烈な匂いにも少しなれて、アプローチとパターの練習をしましたが、プレイする人の多さにびっくりしました。18H終えてハウスに戻る人とこれからスタートする人たちの数は、日中のゴルフ場からしますとものすごい数に見えました。27Hあるコースですが、集客力抜群のコースに思えます。

なぜこのように人気なのか?考えてみますと、コースがフラットで比較的プレイしやすいのではないかと思われます。グリーン周りもやさしく作ってありますので、良いスコアが出ると思います。プレイヤーは超難しいコースより、やさしいコース、スコアメイクしやすいコースを選択します。初級・中級者の数が上級者より多いといったほうが分かりやすいと思います。

従業員の接客態度はそれなりで、教育されている感じがしました。集客力をUPするには様々な要因がありますが、きめ細かなサービスをを提供しなければなりません。そのためにはある程度以上のスタッフ教育が必要になります。ここで経営者が手を抜くとたちまちスタッフのいい加減さや態度の悪さが目立ってしまいます。ここはその意味でしっかりしていると感じました。

ただ、グリーンの照明が暗い・グリーンのスピードが遅い・ティがレディスティしか使えないなどが気になりました。せめて白ティから打たせて欲しいものです。ミドル(パー4)はすべて300-350ヤードです。これではゴルフ本来の楽しさがなくなってしまいます。グリーンの暗さは距離感が全く合わなくなってしまいます。改善して欲しい点です。

さてTさんは、レッスン時と全く同じか、それ以上のショットの連発です。ドライバーは私と同じSRIXON、アイアンもXXIOで同じですので、ナイスショット・ミスショットは音で分かります。ドライバーは殆ど芯に当たっていましたし、アイアンはダウンブローでボールの左が打てていました。

もう3月末で終了しました、私のレッスン番組「コンファーナゴルフ」(ゴルファーへの贈り物)にも出演して頂きました。あまりスウィングが綺麗なため、PRO NODAの影が薄かったことを記憶しています。

Tさんの素晴らしいショットの連発で、これからのゴルフが楽しみです。

ナイターゴルフが終了したのは24:00でした。ちょっと混み過ぎです。5人打ちをしている人たちもいましたのでプレイがとても遅かったのです。

ナイターゴルフができるコースは、ムアンエイクビスタ(ドンムアン空港の先)、バンナトラッドのサミットウィンドミル、ミンブリのパンヤインドラなどが知られています。

皆さんも暑い季節に、ナイターで涼しいゴルフを楽しまれてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト