FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ビアシンの次はビアチャーン ノンカイでゴルフ(2日間で99H)

次回のシニアツアーの開催は5月下旬にラオス国境にあるノンカイに決定したようです。コース名はVictory Park GC です。東北地方には在タイ9年にして一度も行っていません。ゴルフコースがあったんですか。と言う感じです。

先日日曜日何かレッスンが速く終わりました。キャンセルもあり明るいうちに終了です。こんなことはめったにありません。

「ノンカイに行ってみよう」と急に思いました。もともと若いうちから放浪癖があり(?)結構思いついてすぐ出かけることがありました。最近は年もとってきたので少しはスローですが、もともとは思ったら早いタイプなのです。

すぐマンションに戻り、モーチットまでタクシーです。近くになり渋滞がひどいんですね。全く動かない状態になり、「ここはタイ」と諦めたらすこしずつ動き出しました。バスターミナルに19:00到着です。

ノンカイ行きのチケットを購入しました。VIPバスで700Bです。20:30に出発して到着は06:00の予定です。バスのシートはゆったり横3列で、飛行機のビジネスクラスなみです。途中で夜食までついています。
Vivtorypark 004
Vivtorypark 001
Vivtorypark 002

タイの乗用車は日本製が多いのですが、長距離バスは圧倒的にベンツやボルボですね。今回乗車したトランスポート社のバスはボルボのオートマチック車でした。

ノンカイまで約700kmでしょうか。快適に運行され、途中の休憩食事を経て、06:00にノンカイに到着しました。

ターミナルにいるモーターサイやトクトクの熱烈な営業を押し切って、ゴルフ場のピックアップを利用しようと電話しますが、全く出ません。時間は06:00ですよ。ゴルフコースはもうOPENしています。営業系のスタッフがまだ来ていないのでしょうね。仕方ないので営業熱心なトクトク(こちらはバイク改造の三輪車)のお兄さんにお世話になることになりました。

あらかじめコピーしておいた地図を見せましたが、分からないようで他の人に聞いています。すぐ近くと言うことで150Bを120Bに値切って出発しました。10分ほどでゴルフコースに到着しました。しかしここは目的地のVICTORY PARK GCではなく、ノンカイゴルフコースと言う全く違う場所にあるコースだったのです。
Vivtorypark 005

まあしょうがない。と言うことでラウンドすることにしました。かつて見たこともないようなロッカールーム(50m2にロッカーが10個しかない。そしてロッカーにはくもの巣です)で靴を履き替えていたところ日本人らしき方が入ってきました。「日本人ですか」そうです。この方とご一緒することになりました。
Vivtorypark 007


日本からノンカイに来られて、日本語を教えていらっしゃるNさんです。ノンカイには毎月来られているとのことです。

このコースは今までプレイしたコースの中で最も芝がないコースでした。殆ど土です。ショットの練習には良いかもしれませんがグリーンがフェアウェイ状態、それも枯れています。
Vivtorypark 006

9Hを1時間ほどで終了しました。ティやフェアウェイはどうでも良いのですが、グリーンはしっかり芝が生えていなければゴルフになりません。グリーンフィ100Bキャディフィ50Bくらいでした。

さあ間違って連れて来られたゴルフ場から目的のゴルフ場までどうすればよいのでしょうか。トランスポートバスなどと言う気の利いたものもなさそうです。

ゴルフコースのスタッフに聞きました。「ビクトリーパークまで連れて行ってくれませんか」答えはOKです。但しモーターサイです。単にバイクの後ろに乗ってコースに運んでもらうと言うことなのです。料金は400Bです。高い。でも移動の手段がこれしかありません。

運転者と私の間にゴルフバッグをおき、出発しました。30分で目的地VICTORY PARK GOLF RESORTに到着しました。

コースでは熱烈歓迎を受けました。これって誰もいないところにきたということで、歓迎されたのです。まあそんなことはどうでもいいか。

プレイフィを支払い、歩きでラウンドです。ビアチャーンが経営するコースはどんなコースなのでしょう。非常に楽しみです。何かワクワクする感じです。

3月21-22日は、チェンライのサンテブリ・チェンライでした。ここはビアシンが経営するコースです。そして今回はビアチャーンの経営するコースなのです。

シンVSチャーン 続きは次回です。
スポンサーサイト