FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

チェンライレッスンツアー2010 その3

チェンライレッスンツアーを2010年3月20日-21日に実施しました。その3です。

昨夜の大嵐はおさまりましたが、ゴルフコースは一面の落葉で埋め尽くされていました。今日は名門サンテブリチェンライGCで2Rの予定です。

6:30朝食のあとすぐゴルフコースです。今日は日曜日ですが満杯と言うことではないので、楽勝で2Rできそうな気配です。カート使用ですので大丈夫でしょう。

コースレイアウトや管理は素晴らしいサンテブリGCですが、今日ばかりは落葉を掻き分けてショットをしなければなりません。
s-P1070146.jpg

昨日クラブがなかったTさんも今日は張り切っています。皆さん今日の目標「自分のゴルフ」「斜面の対応」を確認しています。

また、昨夜のコースマネジメントとメンタルトレーニングのあとですから、いつもと違うゴルフの組み立てができると期待しています。

練習場では「スムーズなスウィング」ができるのに、コースではそうではないケースが目に付きます。なぜでしょうか。練習場では練習場と思って気軽にショットをしているためです。また何回も同じショットをします。段々慣れてきてどんどん良くなるのです。

コースはホールごと、ショットごと景色が違います。まずここで体が「違和感」を認識してしまいます。見たことのない景色、危ないという意識、打ったことがないような斜面、これらが体を硬直させてしまいます。というよりできないことは仕方がないと割り切れれば良いのですが、何とかクリアしてナイスショットを打たなければとか遠くまで飛ばそうかとか、つい欲が出てしまうのです。
s-P1070199.jpg


いつもレッスンで話していますが、例えばパー4があったとします。レベルがどの程度かによりますが、必ずしも4打であがらなくても良く、技術レベルに応じて、パー5かパー6の発想をすべきなのです。プレイヤーは、コースに表示されているパーの考え方に沿ったプレイをすべきではないと考えています。

HDCPが36の人がパー4のホールでは、6がパープレイなのです。
s-P1070166.jpg


このような発想の転換もあったようで、皆さん楽しそうにプレイをしていました。また数人から軽く振ったら飛ぶようになったという感想も聞かれました。

そうです。軽く振るこそが「スィートスポットに当てる」ことなのです。強振していてはバランスを崩すため芯をはずすことが多くなり、結果として「曲がる・飛ばない」ことになるのです。

サンテブリGCで何か掴んでくれた気がしました。嬉しいですね。
s-P1070210.jpg

斜面対応ですが、すぐ上手くいきません。斜面になれることと、軸をなるべく動かさないようにしながら、「スムーズ」なスウィングをすると良いでしょう。

昼食をはさんで2Rを周ったサンテブリGCは、緩やかなアップダウンと素晴らしい景観です。戦略性の高い名門コースは皆さんの脳裏にしっかりと焼きついたようです。

この経験を生かして是非レベルアップしていきたいと思います。
スポンサーサイト