FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

グリップを替える

皆さんはグリップを大切に、そして綺麗に使っていますか。

グリップは体とクラブをつなぐ接点でもあり、使用後は綺麗に拭くなどして使いたいものです。経年劣化があるため数年しますと減ってきますし、ゴムが割れたりすることがあります。少しでも減ったなと思ったら、グリップはすべて取り替えたほうが良いでしょう。

一般的にメーカー装着は無難なところで黒が多いのですが、グリップ交換の際にはカラフルなものが良いと思います。

よくドライバーは「飽きるクラブ」アイアンは「慣れるクラブ」と言います。ドライバーは取り替える頻度が高く、アイアンは慣れながら使いこなす必要があると言う意味でしょう。

レッスン受講者のグリップを見ていますとびっくりすることがあります。あまりにも「汚い」「劣化している」場合があります。ゴムが割れている場合や右手の親指部分が磨り減っているのにもかかわらず交換しない場合が多いのです。

グリップには汗や汚れが付着しますので、時々は洗剤でごしごし洗ってあげるほうが良いと思います。さっぱりしてつるつる感はなくなります。グリップは本当に汚れているんですね。

アイアンは数年使っていると愛着はありますが、少し飽きてくる場合があります。その場合グリップが減っていなくても交換することをお勧めします。

雰囲気が変わりますので、新しいクラブを購入したような気持ちになります。そしてやる気を出すことにつながります。練習量も多くなるはずです。ぜひカラフルなグリップに交換してみたらいかがでしょうか。

ドライバーは勿論のこと、パターもリフレッシュ効果があります。
スポンサーサイト