FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

通勤電車

レッスンでスクンビット42のTEE OFF DRIVING RANGEまで通勤しています。

APのあるタイカルチュラルセンター駅から地下鉄でASOKEまで行き、BTSに乗り換えです。行きはPHRAKANONG駅で降り徒歩5分で練習場に到着します。帰りはEKAMAI駅まで歩き乗車します。何か分かりませんが、一方通行の乗り降りです。

地下鉄駅では結構混雑します。朝レッスンがあるときは乗れない場合があります。満員ですがタイ人は無理に乗りません。他人と体が触れ合うのがいやなのでしょう。平気で二・三本パスします。これで遅刻しないんでしょうか。心配になります。

自分は何本もパスして時間に遅れるのが嫌なので、順番は後ろですが飛び越して無理に乗る場合があります。タイ人の乗客や順番を待っている人からは嫌な顔をされますが、仕方ありません。日本人は押し込み乗車に慣れていますので平気です。

朝はそれとなく順番に乗車口付近に並びますが、日中または夜間はばらばらです。並んでいるのかそうでないのか分かりません。普通は来た順番に列を作りますが、そうではないのです。空間があれば前に並ぶことがあります。

タイ人は並んで待つことが、嫌なのでしょうか。

電車が到着しますと一変します。降りる人が優先なのですが、関係ありません。並んでいない人がいきなり前に進み出て、降りる人がいるにもかかわらず、乗車します。

車内から出口のドアが開いて出ようとしているのに無理に入ってきます。何なのでしょうね。出る人優先ではなく、入る人優先の光景です。

このような電車で毎日通勤です。

車を使えば良いのですが、時間が読めません。電車を使えば、APから練習場まできっかり30分で到着します。とてもタクシーや自家用車で通勤する気にはなりません。

また、土日は朝から晩までレッスンがあります。くたくたに疲れて歩くのが嫌なときがあります。そんなときは、日曜日に限りタクシーを使うことがあります。日曜日は道路が空いていて、APまでタクシーでも30分90Bです。たまに乗るのも悪くありません。

地下鉄の乗車口で並んでいるのかいないのか分からない並び方をしている理由です。乗車口から3-4m離れた場所に、天井から冷気が出る場所があります。この場所で来るのを待っているのです。他より涼しい場所で地下鉄が来るのを待つのが、賢いタイ人のやり方なのです。
スポンサーサイト