FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

11月の一言

レッスン受講者のためのコースレッスンご案内を毎月行っています。その中の今月の一言です。

11月の一言

練習場ではできるのに本番ではできない方へ

練習場では最高条件の中でボールが打てます。傾斜もなし、芝の密生度合いも関係なし、マットがあり滑ってくれる、失敗しても何球も打てるなどです。

本番は一回しかショットができません。ミスは許されません。こう考えるからミスしてしまうのです。人間ですからミスは当たり前と考えたらどうでしょう。ミスはつき物と考えても良いでしょう。ミスを受け入れるゆとりです。また、ショットがミスしても、アプローチが得意であればそれでリカバリーできます。パターが得意であればOKまで寄せられなくてもスコアになります。

こう考えて行きますと、ミスはつき物だがミスしてもリカバリーできる自信があれば平常心でショットが打てるということになります。

何かひとつ絶対自信のあるクラブを作ってください。スコアメイクには直結するはずです。




練習場でまっすぐ打てない方へ

最高条件でまっすぐなショットが打てない方は練習不足です。もっとボールを打つ機会を作って下さい。上手くなりたい...でも練習回数が少ないというのは、本当に上手くなりたい意思が無いに等しいと考えます。

上手くなるには、もっと工夫が必要です。本当にやりたいならば工夫が生れてきます。他力本願ではゴルフは進歩しないことを理解して下さい。

100を切れない皆さん、うまくなるための工夫、日ごろからやっていますか?練習場でボールを打てなくてもシングルになっている人は大勢います。彼らは練習不足を補う工夫やデータ分析の工夫など涙ぐましい努力をしているのです。

また、ショットは上手く打てないが、パターは上手いでも良いと思いますし、スコアメイクに直結します。

パターも練習していない。それは困りましたね。


スポンサーサイト