FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ゴルフクラブそしてシューズ

ゴルフクラブの掃除はしていますか?

突然何を言い出すか、と思われるでしょう。今日はゴルフクラブやシューズのお話です。

ゴルフクラブはラウンドごとに傷んだり汚れたりします。アイアンのフェースはかなり頑丈に作られていますが、まれに石などを打った場合フェースやソールが傷みます。また雨が多い季節にはフェースに泥がつきやすく、キャディが拭いてくれますが汚れが残っている場合があります。

時間が見つけてクラブを掃除してあげてください。日ごろのプレイを思い出しながら、クラブに感謝しつつきれいに汚れを取ってやります。水洗いが必要な場合があります。仕上げはクリーナーか潤滑油系のクリームでピカピカにします。

グリップは時々洗剤を使用して洗います。思った以上に汗で汚れています。もし洗ってもツルツルの場合は思い切ってグリップ交換をしましょう。以前はグリップと言えば黒一色でしたが最近はカラフルなグリップが販売されています。

グリップ交換はクラブの雰囲気が変わりますし、何よりグリップがしっくりきます。体と一体となって働いてくれるグリップは、減っていたり汚れていては話になりません。よいショットが生まれる状況にないと思ってください。なお、交換の場合傷んだり(減ったり)したクラブだけではなく、アイアンなら全部取り替えるべきでしょう。土の上から打つクラブです。微妙なフィーリングが求められます。傷んだ本数だけではなく全部を取り替えるのが無難です。

さてクラブがぴかぴかになって、良いスコアが出る雰囲気が出たところで次はシューズの番です。

ゴルフシューズはクラブと違って少し淋しい環境にあります。クラブは大切にされるのにシューズはどうでも良いというゴルファーがあまりにも多いのです。

身だしなみは足元からといいます。ゴルフシューズはいつもピカピカ状態が好ましいですね。

自分はゴルフシューズがプレイのための重要な道具と考えていますので、いつも5-6足を状況に応じて使い分けしています。そしてラウンド後はしっかり手入れをしていつもピカピカ状態にしています。

たまに練習場やコースで前回の泥がシューズについたままの状態でプレイしているゴルファーを見かけます。技術度合いはすぐわかりますし、ゴルフに対する思いやりがないのでしょう。

ゴルフクラブやゴルフシューズの日ごろの手入れこそが、ゴルフに取り組む姿勢につながるといっても過言ではないでしょう。

時間を見つけクラブ清掃、シューズ清掃です。シューズを一足追加してください。2-3足は当たり前です。
スポンサーサイト