FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

Royal Hills Golf Resort & SPA で合宿研修-3

10月17日-18日のレッスン受講者対象の合宿研修の様子3回目です。

美味しい夕食の後はまたレッスンの続きです。



「コースマネジメント」と「メンタルトレーニング」

ゴルフが強く(上手く)なる方法

1. 目標設定=なぜ上手くなりたい
2. 経験をつむ=競技ゴルフの勧め
3. 困難をクリア=メンタルトレーニング
4. 事例研究

1.なぜ上手くなりたい

ゴルフに初めて接した時、ゴルフがこんなに面白いスポーツだとは思わなかったでしょう。またこんなに真剣にゴルフに取り組むことを想像できなかったと思います。やって見てその難しさを認識し、練習で何とかなると取り組んでみたものの奥の深さや難しさに打ちのめされ、立ち向かうのですが所詮は自己流でやっぱり物にならないことに気がつきます。

ここでもう一度認識して欲しいと思います。正直な気持ちです。自分はどんなゴルファーになりたいのか。どのくらいで回れば本当に満足するのか。

どのくらいを目指しますか?と言う質問には、ほとんどの人が他の方の迷惑にならない程度と言います。でも良く考えて見ましょう。迷惑にならないとは明らかにその相手の方より下手であると言うことです。これ本当の気持ちですか?本当は一緒に回る人より上手く回りたいのではありませんか?

ゴルファーは紳士なのでしょうか?本心は言わず謙遜です。

上手くなるにはどうすればよいか。もっと追求すべきではありませんか?将来の目標と随分ギャップがある場合、どんな練習をしたら良いのか、どんな考え方を持ったら良いのか、疑問に思いませんか?プロにもっと真剣に希望を伝えたらいかがでしょうか。まずは自分の将来像を描き、正しい目標を作りましょう。目標は簡単に達成できるものではなく、努力して達成できるようなものが正しい目標です。

ゴルフは年齢を重ねるごとに体力が低下し飛距離が落ち、下手になると言われています。でも本当でしょうか?答えはNOです。段々上手くなるのです。
体力の低下を体の有効的な使い方でカバーできるのです。またゴルフスウィングや飛距離は通常のアマチュアゴルファーの場合、腕力や筋力は必要ありません。

年齢を重ねて体力をカバーする体の上手い使い方、責め方や守り方こそが、今上手くなるための要素なのです。このことに早く気がついてほしいものです。闇雲にクラブを振る、攻める、実力が伴わない攻略方法は無謀です。

もういちど確認です。

なぜ自分が上手くなりたいのか?
どのくらいのレベルなのか、より具体的に設定することです。

そして目標達成のためのカリキュラムを作成する。
進捗をチェックする。
データを収集し、課題を認識する。
上手い体の使い方、攻め方を学ぶ。
など、決めの細かい対応策が必要となります。

これはご自分の仕事にも共通します。闇雲に仕事をしている人は皆無でしょう。業務の計画があり年間の目標設定があるはずです。そして進捗度チェックも当然あるでしょう。ゴルフも仕事同様にPlan Do See (Check)が必要なのです。

目標は自分のレベルが上がるにつれて変動します。100が切れるようになると90台、90台が普通に出るようになれば80台を目指します。これが普通です。
でも、最初から70台や80台を目指す目標を設定するのがベターです。3ヵ年計画や5ヵ年計画の目標に沿った詳細なスケジュールが立てられるからです。

自分の目標を再設定してみませんか?



次回は「2. 経験をつむ=競技ゴルフの勧め」です。
スポンサーサイト