FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

100の壁を斬る!「セットアップルーティンとは」

100の壁を斬る!2回目は「セットアップルーティンとは」です。

セットアップルーティンとは、スウィングをするための準備動作ですが、毎回同じ動作を行うことが大切です。タイガー・ウッズやアーニー・エルスが毎回同じ動作でセットアップしていることに気がついていますか?

セットアップルーティンのやり方ですが、まずはボールの後ろに立ちしっかり目標を決めます。約5秒間、目標を凝視します。次に決めた目標に飛んでいくボールの弾道をイメージします。その後に素振りを行い、ボールに対してスタンスを取ります。スタンスを取った後、ワッグルをしてリラックスします。そしてスウィングが開始されるのですが、この一連の動作にかかる時間は約20~25秒です。

ショットをする際に、なぜ同じ事前の手順が必要なのでしょうか?

答えは簡単です。同じ動作のほうが、同じように体を動かすことができるからなのです。これと反対に、毎回違う動きをしたと仮定します。結果は毎回違うスウィングや弾道となります。

スウィングは再現性が重要であり、目標地点に到達するショットが打てなければなりません。当然、毎回違うショット、弾道では困ります。

ゴルフ初級者や中級者の人は、毎回同じ動きができていないことが多く、ほとんど毎回違う動きをしています。正しいセットアップはボールの後ろから目標をしっかり決めなければなりません。目標は、あの辺とかいう漠然としたエリアではありません。あの辺というイメージでは、ボールは真直ぐに飛びません。右の花の木の根元をねらうというというように、しっかり目標を決めて下さい。目標を凝視することにより、狙いを脳にインプットすることができます。

脳にインプットされた目標に対しては、体が反応し、その地点にボールが飛んでいくものなのです。練習方法としては、日頃から遠くのものに対し凝視する訓練をする必要があります。日頃からの訓練により、このセットアップルーティンに慣れることが大切です。


ショートゲームについて

ショートゲームでは、目標までのはっきりした数値を出す必要があります。30ヤードとか55ヤードとかです。そして弾道をイメージし、ボールの落下地点を決めます。後は目標を向いたまま、素振りをします。素振りは距離感とスウィングの大きさを合致させるためにも必要不可欠な動作です。このぐらいの振り幅だと30ヤード、もう少し上げると55ヤード打てるというイメージを反復練習により体と脳に覚えさせます。

これらの動作は毎回同じように実行してください。

(タイのゴルフマガジン・EZゴルフ7月号に掲載)
スポンサーサイト