FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

HONDA LPGAと同じティ、ピンポジションでプレイ

サイアムカントリー・パタヤプランテーションで合宿レッスンを行いました。

一年に二回ほどタイで合宿レッスンを受講しているI さんです。調子が悪くなればバンコクを訪問して調子を回復している方で、とても熱心なゴルファーです。何回もレッスンを受講されていますので、今回はパタヤでレッスンという企画を提案しサイアムCCでレッスンをすることになりました。

今回の3日間の合宿レッスンは、初日がラムルッカGC、二日目はサイアムCCオールドコースで、三日目がサイアムCCパタヤ・プランテーションでした。オールドコース終了後隣接のタマサートリゾートに宿泊しました。サイアムCCは、3月にレッスン受講者の合宿研修をして以来です。コースは相変わらず最高に仕上げられていました。

現在プランテーションでは5-6月のプロモーションと称して今年2月に開催されたHONDA LPGA THAILAND 2009と同じティグラウンド、同じピンポジションでスコアを競うという企画をしています。詳細はこちらです。
ティは必ずしも白ではなく、レディスの赤だったり、フルバックの黒とさまざまです。いつもプレイしている場所とは違うため、新鮮味があり楽しめました。また、ピンポジションは極端に手前に切っている場所がありました。グリーンは手前からという原則で攻めようとすれば、グリーンの下まで転がり落ちてしまいます。3-40ヤード転がるような傾斜もありました。このような場合は、上につけるしか仕方ありません。

年二回コースレッスンを受講しているI さんは、80-90位のスコアで回りますが、いつもより10点ほどオーバーだったようです。何しろグリーンの間口が狭い、傾斜がある、砲台グリーンですから大変です。ティショットはどーんと真ん中ですが、次のショットからは気を使います。グリーンに乗らなければボギーやダボ、トリプルはすぐです。

スコアはともかくとして、今回のI さんは、シャンクが止まらない、アイアンが打てないという悩みを持ってこられましたが、3日間のレッスンですっかり自信を回復したようでした。スウィングをチェックした結果、体が上下左右にぶれていました。シャフトもインパクトゾーンに寝た状態で入っています。これではシャンクが出やすくなりますし、アイアンショットをダウンブローで打つことはできません。

基本姿勢、スウィングの基本動作、体重移動、腰の回転と腕の伸ばしなどを三日間にわたってチェックし、何とか自信を持って打てるようになりました。

いつも感じますが、ゴルフは自信がなくなったらお終いです。多少のミスが続いても何とかなるという気持ちと、練習の継続で自信を無くさないようにしたいものです。

Iさん大変お疲れ様でした。




サイアムCCパタヤ・プランテーション割引券の継続と一部変更について

BLOGでご案内しておりましたバウチャー券を継続することになりましたが、内容に変更がありますのでお知らせします。

*平日・土日券とも従来は12枚つづりでしたが、今回から11枚つづりとなります。
*平日は1,500B*11=15,000B、土日1,800*11=18,000B
*販売数に限りがあります。
*販売日から6ヶ月間利用可能




スポンサーサイト