FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

サイアムCCでゴルフ合宿研修-1

3月21日と22日にレッスンを受講している方を対象にした合宿研修がありました。

場所はパタヤのサイアムCCです。ご存知のようにサイアムCCオールドコースは2007年10月にHONDA LPGA THAILAND 2007が開催されました。サイアムCCプランテーションは2008年にオープンし、2009年2月に同じくHONDA LPGA THAILAND 2009が開催された有名かつ難コースです。

USLPGA公式戦が開催された超有名コースでレッスン受講者の合宿とは?とお思いの方もいらっしゃると思いますので、その理由を簡単にお伝えしたいと思います。

難しいコースで初級者・中級者のレッスンは無謀ではないか?とお考えの方がいらっしゃると思いますが、親心としては鉄は熱いうちに打てです。素晴らしいコースを経験して初めてコースの比較ができると考えました。

プランテーションとオールドコースは、タイのトップ10に入る素晴らしいコースと評価されていますので、体験という観点でコースを見れば満点のコース設定ではないでしょうか。

さて3月21日の初日はサイアムCCオールドコースに08:00時に集合し、直ちにドライビングレンジでレッスンです。生芝はいつも練習しているマットとは違います。少し手前からクラブが入れば芝の抵抗でクラブのスピードがダウンしてしまい、距離が出ません。何だか芝を傷つけるのが申し訳ないような気持ちになってしまうため、ついトップがでてしまいます。トップが多く出た後はダフリです。生芝は本当に上手く当たりません。

スタート前に約3時間ドライビングレンジ、アプローチ、パターと練習・レッスンし、11:00過ぎにスタートしました。

難コースのためグリーンまで到達するのが大変でした。グリーンに乗ってからも、うねった高低差のあるグリーンは3-4パット続出です。「何でこんなに難しいの」というのが受講者の印象ではなかったでしょうか?

でもスコアはと言いますといつも回っているコースとそんなに大きく差異がなかったと思います。いつも叩いているため、難コースも同じと言うことになるでしょうか?(失礼)

このコースはショットの正確性が問われます。100以上のバンカーが大きく口を開きフェアウェイやグリーンをガードしています。ショットが曲がるということが全く許されないのです。

コースを回ってゴルフは飛距離ではないということがよく分かったと思います。

くたくたに疲れてラウンド終了後は、近隣にあるタマサートリゾートに移動しました。

夕食終了後、「ショートゲームとコースマネジメント」「メンタルトレーニング」レッスンです。

このお話は次回に続きます。
スポンサーサイト