FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

レッスン受講者対象のコースレッスン その1

レッスンは練習場レッスンがメインですが、11月からレッスン受講者を対象に、月二回のコースレッスンを設定しました。

スコアメイクをする場合、正確な方向性と飛距離を出すショットが不可欠です。フルショットが正しく出来、番手別に距離の違いが出なければなりません。そうしないとグリーンには乗りません。

ショットの基本がフルショットならば、一方でイメージで打つアプローチショットが応用として必要になります。フルショットばかりではグリーンに乗せられません。このフルショットとイメージショット=アプローチの使い分けがなかなか上手くいかないのがレッスン受講者の現状です。

練習場ではどうしてもスィング形成に終始しがちです。真直ぐなボールを遠くまで打てるようにレッスンをしていますので、しっかり上体を捻転し、体重移動で打つショットがレッスンの主体です。現状は真直ぐ行かないケースがほとんどのため、リズムやバランス、体重移動の重要性を説明し、ボールを打ちながら体で覚えるというレッスンを行っています。

今回月二回のコースレッスンを設定した理由は簡単です。

練習場で真直ぐなボールが打てるようになっても、スコアが良くならないからです。コースのちょっとした傾斜で真直ぐなボールが打てません。これでは基本が出来ても応用が利かないことになりますので、スコアメイクはできないことになります。そこで思い切って土曜日と日曜日にコースレッスンを設定しました。

思った以上に皆さん色々体験しています。体験とは斜面やラフ、べアグランドなどの悪いライからのショットに戸惑っているということです。この体験は即ち、どうすればバランスよくクラブが振れて、真直ぐ思ったところにボールを運べるようになるかということに直結すると思います。

練習場の平らなマットから打つことは、人工的な最高条件から打つことであり、ゴルフコースの芝とは大きく異なるという認識が必要です。簡単にヘッドが滑りません。ダフればボールの飛距離は簡単に落ちてしまい、目的のグリーンのはるか手前に落ちてしまいます。

土曜日と日曜日は混雑することから、レッスンには不向きと思います。でもレッスン受講者はほぼ全員が会社員ですので、平日にレッスンを設定するわけには行きません。また、土日は2日間で10名以上の受講者がおりますので、土曜日だけとか日曜日だけとかも出来ません。レッスンの曜日が減ってしまうからです。

そんなことでとりあえず第二土曜日と第四日曜日の設定となりました。

当日は11:30のスタートですが、09:00に練習場に集合です。ドライビングレンジで少しボールを打った後、アプローチの練習です。20-50ヤードの転がし、ピッチエンドラン、バンカーショットなど炎天下で黙々と練習です。最近は少し涼しいので楽ですが、同じ場所で何球も何球もボールを打ちます。打ち終えればボールを回収します。この繰り返しを何回もやります。

ほとんどスタート前にクタクタ状態ですね。疲れますね、この練習・レッスンは...

IMG_3403.jpg


そして時間があれば簡単に食事を終え、時間がなければそのままスタートです。少し時間に余裕を持って軽く食事をしたほうが良いと最近考えています。

これから5時間は、コースレッスンです。
IMG_3410.jpg


続きは次回です。



スポンサーサイト