FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

マーシャル

タイにはゴルフコースが約200ヶ所ある。大半がバンコクから1-3時間のエリアに集中している。これらのコースを回って、自分なりの判断でゴルフコースを評価してみるとよい。


コースを評価する際には、コースレイアウトやメンテナンス、キャディやハウスなど項目がたくさんある。評価する上で、欠かすことが出来ない項目のひとつに、スムーズな進行ができるかどうかというのがある。そして、スムーズな進行に不可欠なのがゴルフコースの「マーシャル」である。


マーシャルとは、ゴルフコース内においてカートで走行している「巡回係」のことである。多くのコースでマーシャルに頻繁にお目にかかる。


主たる業務は「進行を早める」である。前の組と間隔があいたときなどは、プレイの進行を早くするよう促す。もし、後ろの組に追いつかれるようであれば、パスするように要請する。


ゴルフルールでは、遅いプレイは他の人の迷惑になるとして、早くプレイすることを基本としている。例えば前の組と1ホール以上あいてしまった場合は、後続の組をパスさせるべきと記述されている。よって、遅い組が早い組をパスさせることは恥ずべきことではなく、逆にルールやエチケット・マナーを知っているということになる。


土日のコースでは、前の組が遅く、いらいらすることが良くある。どこのゴルフコースも入場者が土日に集中するため、予約を沢山とっている。そのため、コースのあちこちでプレイが停滞してしまう。


日頃から、スムーズな進行を心がけているランクの高い(評価の高い)コースでは、混雑時やプレイが遅くて前との間隔があいた場合など、マーシャルがコースを巡回し、きちんと対応している。


パスしてもらった後続の組のプレイヤーは、パスさせてくれた組に礼を言う。そして、その組は、ルールを知っている人達だと判断するのである。


 

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック