FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

正しいレッスンの受け方-1

ゴルフレッスンを受講の皆さんに、正しいレッスンの受講方法をお教えします。

ゴルフレッスンは、受講者がゴルフの上達を目的として、時間と費用をかけて受講しています。タイ在住の方々は、平日の勤務の後や土日にレッスンを受講しています。

中々効果が出ない、すぐ上手くならないという気持ちがあろうかと思います。

何故すぐ結果が出ないのかは、簡単です。頭で理解しても体がついてこないからです。何年もゴルフ経験のある方で、ちょっと癖があるスィングをされる方は大変です。頭で理解しても体が動かない、そして「癖が治らない」というおまけがつきます。

レッスンでは最終的に自分が「やるか・やらないか」だと思います。できる・できないではないのです。

新しい事を始める時にはミスがつきものです。上手く出来なくて当たり前です。怖いこともあります。辛いことは当たり前なのです。もうやるしかないのですが、つい体が躊躇してしまいます。

ゴルフでミスしても、命までとられることはないと、皆さんに話します。失敗を恐れて、中途半端なアクションであれば、成功することはありません。

アイアンで打ったショットがグリーンの上についてしまいました。急斜面の下りのパットが残ったとします。下りが怖いと思うのは皆一緒です。怖いと思うあまり、手が出ず大きくショートしてしまいました。また、同じような下りのパターをしなければならないのです。

こんな場合は、オーバーして当たり前のつもりでパターを打ち、今度は登りのパットを打つほうがずっと有利で気が楽なのです。チキンハートでは上手くなりません。

レッスンもこれと良く似ています。アクションは大胆にです。スライスばかり出る方に、フックの掛け方を教えます。フックの打ち方を練習するうちに、相殺でスライスを治す方法です。チャレンジしてすぐできる方と中々出来ない方がいます。

これは出来ないのではなく、やらないからなのです。上手く出来なくて当たり前です。やって下さい。ミスして当たり前です。どんどん失敗して何かをつかんで欲しいものです。

ゴルフで重要なことは、最新型のクラブでも立派な体でもありません。ゴルフをしようとする自分の心(気持ち)です。ゴルフがメンタルスポーツと言われる所以です。

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する