FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

レッスン受講者からの質問

ゴルフに真面目に取り組むゴルファー、バングラディシュのダッカから受講のTさんから質問メールが届きました。

Tさんは3月初旬にバンコクに来られました。練習場レッスンのあと3日間のコースレッスンを受講しました。その模様は、3月6日、7日、9日のUPでお知らせしてあります。

バングラディシュで「ゴルフが絶対上手くなりたい」という願望をTさんは持っています。できればシングルになりたい。そして充実したゴルフライフを送りたい。とのことでした。「ゴルフは真面目に取り組んでいる」Tさんです。

今回の質問は以下のようなものです。

「最近、少し得意だった7Wと3Wがまともに当たらなくなり、従い2打で苦労しています。FWがうまく当たらないため、スコアに影響してます。キャディには、スィングが早いといわれ、ゆっくりやり直しますがうまくあたりません。おそらく左肩が開くのが早く、クラブをスイングできてないのではないかと思いますが、どうでしょうか。直すのと練習場でどのようにすればいいでしょうか?」

私の答えは以下のようなものでした。

FWの件ですが、体(軸)の動きが原因です。特に上下の動きがミスショットになっていると考えられます。トップでしっかり体重を右に乗せ、ダウンで左に移っていくことがスィングです。体重移動は腰の回転イコールですので、スウェーは禁物です。

あとトップで手の高さが低い場合ボールが上がりません。トップはクラブにより高さが変わりますが、基本は「そば屋の出前持ち」です。スィングリズムを一定にして試してみて下さい。


翌日アドバイスの結果が届きました。

おはようございます。昨日はご指導の通り、スイングを中心に大きく、右手を出前持ちで、ゆっくり前傾姿勢を崩さすプレー(ハーフ)したら、見違えるほど7W,3Wがリカバリー出来ました。第二打当たりすぎてグリーンOVERして奥の池に行ってしまった位あたりを取り戻しました、有難うございました。ゴルフって本当に些細なことでだめになったり、うまくいったり、悩ましいけどこんなに離れられないスポーツはありませんですね。更に精進いたします。

という内容でした。とりあえず不調を脱出できて良かったです。

このようにゴルフスィングは変化します。何か問題点があればすぐTさんのようにメールで質問して下さい。但し基本的にレッスン受講者のみですが.....
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する