FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

シャンク対策

シャンク対策

今日はシャンクの原因とその対策を考えてみたいと思います。

シャンクの原因と対策

1.バックスウィングの軌道が内側に入り過ぎる。
結果としてダウンスウィングでヘッドがアウトから入る。バックスウィングではヘッドが目標方向に上がること、バックスウィングスタート時に上半身を回し過ぎないことが重要です。

構えた時の体とボールの距離感が狂っている場合に多い感じがします。

2.ダウンスウィングの切り返し動作が上半身主導
バックスウィングもダウンスウィングも上半身主導で行うため、目標から左側にインパクトする。トップからダウンではボールを打ちにいかず、グリップが真下に下がる。

下半身主導でインパクトすることで、正しいインサイドアウトイン軌道になる。

3.上半身と下半身の整合性
上半身だけでバックスウィング、ダウンスウィングをした時にシャンクが出ることが多い。腕そして手首の脱力感が必須です。

ダウンスウィングでは腰の回転が必須で、インパクトでグリップが体から離れません。上体だけでは正しいスウィング軌道にならないことを確認します。

4.ダウンスウィングでシャフトが倒れ過ぎる場合
ダウンスウィングでは前にも後ろにもシャフトが倒れ過ぎてはいけません。前に倒れた場合は、目標線の外からインパクトします。またシャフトが後ろに倒れ過ぎた場合はクラブのヒール側からボールにコンタクトします。

このようにシャンクの原因はいくつかあります。これらをクリアしてシャンクが出ないようにするには、正しい体重移動=腰の回転をマスターする必要があります。

また、シャンクは一過性と捉えずにスウィングを修正して改善するようにしたいものです。腕そして手首の脱力感が重要課題です。

スポンサーサイト