FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

目標に対し正しく立つ

目標に真直ぐ立って完璧なショットしたつもりが大きく右や左に飛んで行った経験はありませんか?手ごたえも良く真直ぐ飛んだナイスショットなのにOBや池ポチャは本当に悔しいものです。

今回は目標に対して真直ぐ立つ方法をお話したいと思います。

体とボールの間隔はクラブによって異なりますが数十センチ以上離れています。ボールと目標を結んだ場合、目標線の左側にスタンスの目標線があることをイメージしなければなりますん。体とボールの間隔の二本のレールが目標に向かっていると考えた方が分かりやすいでしょう。

真直ぐ立てない理由の一つに「一般的に人は右を向く傾向が強い」ことを理解する必要があります。普通の場合殆どの人が目標から大きく右を向いて立っています。なぜこのようになるかと言いますと、目標を漠然と設定してその方向に立とうとする、体とボールの間隔の二本のレールを目標地点で結合させてしまうからです。

スタンスをとる場合両目で目標を見ますが、前傾しながら両目でボールを見た場合、左右の目で斜めに目標を見ることになります。また普段は前傾してものを見る習慣がないため、斜めに見たり前傾することには全く慣れていないのです。

スタンスをとって目標に対し前傾しながら平行に構えることは、非日常的な動作と言えます。この姿勢では目が目標を向くことで左右の目による遠近誤差が生まれます。結果として目標に対し右を向きやすくなると考えられます。

具体的には、ボールを後ろから両目で目標を見た場合とスタンスをとって前傾して目標を見た場合とでは、目標とかなり違う方向(殆どが右)を向いているのに気が付かないということなのです。多くの場合右を向いて立ち、首を回して方向を確認しようとしますが、前傾してから首だけを回してアジャストしようとしても方向の狂いは修正できません。

目標に対し正しく立つ 動作は以下のようになります。
1.目標とボールを仮想線で結びスタンスラインを平行にイメージする。
2.仮想線上のボールの直近50cm程度前にスパッツ(目印)を設定する。
3.スパッツ(目印)とボールを結んだ線と平行にスタンスをとる。
4.クラブのフェースを仮想線に直角に構える。
5.スタンスライン、肩のラインが同じ方向(目標までの仮想線)を指している。

更にフェースは仮想線に直角に構えたつもりでもフェースの向きを確認する必要があります。例えばアイアンでスタンスを取った後、グリップを真下に数センチ下げてみて下さい。クラブヘッドの先が上がった状態になります。これはヘッドが左を向いた状態と言えます。仮想線に直角に構えることは、リーディングエッジ=アイアンの一番下が地面と平行または少し先端が上がった状態になるということなのです。

目標に対して真っすぐ立つこと、そして真っすぐ構えることは真直ぐ打つことに繋がりますが、これらの要素が目標に正しくアジャストされていなければならないことを理解する必要があります。

目標に対して真っすぐ立つことは慣れてしまえばそんなにも難しいことではありません。遠くに目標を設定した後ボールの近くにスパッツを決めて、近いスパッツに対して正対して立つことは、大きな方向の誤りを修正してくれます。方向の誤差が少なくなれば、ショットの精度は格段に向上します。

方向が定まらない方は、基本動作1~5を実行しましょう。

スポンサーサイト



ダフらないアプローチ

「ダフらないアプローチ」
 
体を大きく使うフルショットは少しダフってもヘッドが慣性で前に出て行くため、地面に突き刺さるようなショットをしない限り何とかなります。何とかという意味は100%の距離を出そうとショットしてミスになったとしても60-70%にミスの幅を抑えることができます。ミスした30-40%はアプローチでリカバリーすることができます。

でも10-30ydsの体を大きく使わない小さなスウィングはこのようには行きません。トップかザックリのミスが非常に多いのです。普段から短い距離を練習していないから出来ないということではなく、なぜこのようなミスが起こるのか原因を考える必要があります。

一番多いミスの原因は頭(視覚)で考える距離感と体を動かす距離感が一致していないことに尽きます。どう言うことかと言いますと、15ydsの距離があるのに距離感が間違っていること、その間違った距離で体を動かそうとしていることが一番の原因です。見た目の距離感が正しいのに、体を動かす距離感が間違っている場合もあります。多いのは見た目の距離感が合っているのに、体を動かす感覚がズレていて大きなスウィングをしてしまうことです。クラブを降ろす直前で体が反応し、スウィングを加減してザックリなどミスの種類は少なくありません。

いずれにしても今ボールのある位置とカップの位置を正しくチェックすること、ボールの落とし場所と転がる距離をイメージしなければなりません。あの辺に打てば寄るなどという簡単なものではないことは皆さんご存知のことです。

このようにして正しい距離間とイメージを作った上で始めてショットが出来るのです。そしてボールはピンに寄って行くのです。

グリーン周りは平らな場合もありますが、殆どが砲台またはそれに近い傾斜がついています。カラー部分(フリンジ)はフェアウェイから更に刈り込まれていますので、もし水はけが悪ければいつもジメジメした状態になっています。またグリーンに近いラフは踏圧により目が出来ている場合があります。グリーン奥にこぼした場合は、グリーンが終わり次のホールに向かう人の踏圧で逆目になる場合が多いのです。グリーンは手前からというように奥にはずすのは難しいアプローチが残ることを意味します。

このように湿ったベアグラウンドに近い状態、逆目の斜面など10-20ydsの難しい距離は、距離感、傾斜度合、ボールのある場所の芝目など情報を収集することがまず必要になります。そして前述のように見た目の距離感と体の距離感をシンクロさせなければなりません。今しようとするショットのイメージが大変重要になります。

話は変わりますがアプローチでダフる場合ヘッドのどこでダフるのかご存知ですか?ダフる場合ボールポジションが全くズレている場合があります。自然に立って自然に軽くスウィングして着地したその場所にボールが無ければ当たらないのは当然です。毎回チェックしてからスウィングしたら良いでしょう。

本題のミスする時(ダフる時)ヘッドのヒール部分が先に地面に着地します。トゥ側が必要以上に上がったハンドダウン状態で構えた場合フェースが地面に平行で降りてきません。ヒール側が先に着地しますと突き刺さった形、詰まった状態でヘッドがスムーズに抜けていきません。これがアプローチショットのダフる状況です。

アプローチつまり短い距離をショットする3要素があります。スタンスを狭く、スウィングサイズを小さく、クラブを短く持つことです。この要素にさらにあまり小さく構えてハンドダウンにならないように注意して下さい。手が下がり過ぎればフェースのトゥ側が上がりザックリしやすいこと、当たってもフック系のボールになりやすいことがあげられます。

是非スコアに直結する短い距離のアプローチを練習して下さい。スコアがどんどん良くなることは間違いありません。