FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

私の練習方法

ゴルフを始めて45年が経過しました。今日は皆さんに私の日々の練習内容をご紹介します。

数年前にシニアツアーを引退しました。様々な理由があってのことですがその詳細は省略します。今は試合のない日々ですから、試合に出ている時に比べモチベーションは極端に低下しました。試合で上位に行きたい、だから練習しなければならないという構図がなくなってしまったのです。

で今はどうしているのかと言いますと、コースラウンドを週1回以上2回までとすること、レッスンがある日は毎日ボールを打つこと、という計画を立てました。そして現在もそのように実行しています。

なぜ私がレッスンがある日週4-5日間練習場でボールを打ち、週1-2回コースに出るという計画を立てたのでしょうか。その理由は非常に単純で、今自分が持っている技術レベルをもっとアップしたい、レッスン受講者の皆さんの手本になるようなショットを打ちたい(恥ずかしいショットを打ちたくない)からです。

一般的に年齢を重ねて飛距離が落ちた、スコアが悪くなったと良く言います。でも自分は60才を過ぎて上手くなることを目指しています。年を取って下手になるとは思いたくありません。レッスンを止めて隠居生活をしているならばそうかもしれませんが、現役でレッスンをしている以上90を打つようになったらゴルフを止めるという数年前に立てた目標を維持したいのです。

だから平日BSCでレッスンがある時は、受講者の皆さんが来られる前にボールを打つというルーチンを欠かしていません。

練習の内容は、スコアに直結する10ydsから20-30ydsのアプローチ、50yds中心のアプローチをメインにしています。またAWやSWなど同じクラブで低いボールや高いボールを打って状況に応じた対応をイメージして練習しています。

皆さんドライバーに苦戦していますが、宙に浮いているボールを打つことはアイアンやアプローチに比べれば非常に簡単であり単純です。私のドライバーの練習量は全体の10%にも満たないレベルです。アイアンは100ヤードをPWで打っています。自分の飛距離は120-125ydsですのでオーバーして当たり前です。飛距離より方向性を重視したフルショットです。全体の30%程度です。

練習の比率はアプローチ50%、アイアンのフルショット40%、ドライバーとFWで10%の割合になります。皆さんには日頃からアプローチとアイアンPWでスウィングを作ることを念頭にレッスンしていますので、自分もこのような割合で練習しています。

練習の基本はアイアンです。アイアンはスウィングを作る上で最も重要であり、ドライバーなどどうでも良いクラブを練習のメインにしてはいけません。アイアンは打つ場合の状況が様々です。フェアウェイ、ラフ、深いラフ、ベアグラウンド、斜面などドライバーの状況と全く異なります。だからアイアンを練習すべきであり、その要点は一般的にはダウンブローで地面を打つことです。

皆さんボールを打とう打とうとする気持ちが強いため、トップすることが本当に多いように感じます。これはスウィングが上向きであるためであって、バシッと地面を打てる人は本当に少ないのです。ボールを上げようとする、遠くに飛ばそうとする気持ちが根底にあるのでしょう。

アイアンは打ち込めば自然にボールが上がり遠くまで飛ぶ設計になっているのですから設計意図に反しないようスウィングしたら良いと思います。アイアンショットは地面に向かってするショットなのです。

最後にパターのお話です。パットはスコアに直結する最も重要なショットです。ドライバーなどスコアにすぐ直結しないクラブを練習しないで、パターを練習すべきでしょう。

私は家で酒を飲みながら、好きな音楽(ショパン)を聞きながら、パター練習をしています。パター練習で重要な距離は50-100-150cmです。この距離は実際コースに出た時は、入れ頃外し頃の俗に言う嫌な距離になります。家でこのようなすぐ入る短い距離をしっかり練習して、完璧な自信を持つことが必要です。真っ平らで短い距離を打てることで、初めて長い距離やスライス・フックラインが打てることを理解する必要があります。50-150cmがパターの原点なのです。

パター練習は長時間やることはお勧めしません。何故かといいますと同じ前傾姿勢で疲れることと、単純で飽きるからです。そのような場合は止めて下さい。精々頑張って15分位ではないでしょうか。パター練習はやりたくなったらすぐ出来る環境をご自宅に作っておく必要があります。何時でも練習できる、飽きたら止めるがパター練習を継続するコツ、つまりはパターが上手くなるコツになります。

ゴルフから自信がなくなったら何も残りません。練習して自信をつけることが最優先です。私の練習方法や考え方が参考になれば幸いです。




スポンサーサイト



ヤンゴンでゴルフレッスン

先日ミャンマーのヤンゴンに行ってきました。ヤンゴンに在住している方のコースレッスンです。

ヤンゴンにはバンコクでレッスンを受講していた方が数名おります。ヤンゴンからバンコクやシラチャに来られて合宿レッスンを受講したことがあるTさん、バンコク駐在時レッスンを受講しヤンゴンに転勤になったMさんなどです。この方々のゴルフ仲間もレッスンを受講したいということになりました。合計5名で3日間のレッスンです。

5月9日ドンムアン7:00発のLCCで出発しました。距離的にはタイ国内のチェンマイと同じようなもので飛び上がったらすぐ着陸するような1時間ちょっとの短いフライトです。到着して入国審査ですが、ミャンマーへ入国するにはVISAが必要でした。事前にインターネットでeVISAを取得していましたのですんなり入国できました。

空港にはTさんが迎えに来てくれていました。久しぶりの再会のご挨拶後チャイナタウンにあるホテルに向かいました。途中で一時渋滞が酷く全く進まない道路がありました約1時間でホテルに到着しました。チェックイン後すぐにゴルフができる状態でコースに向かいました。

初日二日目はヤンゴンで一番綺麗なPan Hlaing パン・ラインGCです。2000年にゲーリープレイヤーの設計で開場した後、グリーン周りなどの改修を経て現在に至っているようです。コースは大変美しくかつ戦略的なコースで、距離もたっぷりある、プレイして飽きないコースでした。スタート時間まで余裕があったため、付帯の生芝練習場で調整をし、Tさんのスウィング修正も行いました。

Pun-Hlaing-Golf-Club-12.jpg
アマタスプリングのハウスを少し小さくしたような高級感あるハウスでした。

パンラインゴルフクラブ

当コースでは、今年1月末に日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共催でミャンマーオープンが開催されました。

当日は晴れで酷く暑かったです。体感は40度位と高くバンコクより遥かに暑かったです。練習場には屋根もありませんので炎天下の1時間は大変でしたね(Tさんは)。スタート時間は13:00でしたので、もう一人の参加者T.Kさんと合流し3名でラウンドを行いました。コースは平坦な中にもアンジュレーションがありましたので斜面での対応を中心に、マネージメント解説をしながらラウンドレッスンをしました。

二日目も暑い日だったですね。メンバーはTさん、MさんにYさんを加えて4名でのプレイでした。学生時代にゴルフをやっていたとのことですが、立派な体から放たれるショットには驚きました。若いパワーがある本当に羨ましい限りです。Yさんは1Wショットが曲がるためショットに自信が無い様子でしたので、ショットやプレイの基本的な考え方をレッスンしました。レッスン後に大いに自信を取り戻したように見えました。

最終日はダウンタウンから30分にあるヤンゴンGCでした。参加者はMさん、同じ会社のGさんと3名です。Gさんはコース経験が浅い初心者でしたが、キャディの絶大な協力もあり(?)問題なく18Hをラウンドしました。絶大な協力とはキャディがプレイヤーの技量に応じて?ボールを勝手に動かすことです。林の中に打ってもサーっと走って行きボールを見つけていつの間にかフェアウェイの片隅にボールが置かれています。勿論これは初心者または中級者の人へのサービス精神??ということなのですが、ちょっとタイで(世界中で)はあまり見かけないシーンで笑ってしまいました。

Clubhouse Yangon GC

image3.jpg


ヤンゴンゴルフクラブ

ヤンゴンGCは1909年設立の英国による植民地時代を偲ばせる古いコースでした。勿論ミャンマーでは最古のコースになります。このコースが出来た当時をイメージしながらプレイを楽しみました。ハウスは古い上エアコンも無く、お世辞にも綺麗とは言えませんが、それはそれで100年の歴史を醸し出す雰囲気があり、プレイには全く支障なく楽しむことが出来ました。コースの特徴は打ち上げ打ち下ろしがある雄大なコースです。同じ時期に作られたロイヤルホアヒンに共通する豪快さや雄大さがありました。

ヤンゴン周辺には10か所程度しかゴルフコースが無いとのことですが、インフラ整備などと共にゴルフコースが増えてもっと気軽にプレイができるようになるのか、現時点では不明です。

ヤンゴンゴルフレッスンを企画して頂いたTさんMさんはじめ、T.Kさん、Yさん、Gさんありがとうございました。要請があれば、またヤンゴンゴルフレッスンを行いたいと思います。受講された方々は技術的な部分の向上は当然ながら、皆さん自信を取り戻したように見えました。その意味では遠くに来ても良かったなというのが今回のレッスンの実感でした。