FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

ヘッドが走らない

親父の一言

「ヘッドが走らない」

このコーナーでは何回も「ヘッドを走らせる」ことの重要性についてお話してきました。中々上手くいかないようなので、今回も同じテーマについてです。

なぜ「ヘッドを走らせる」のかと言いますと、力を入れずに真っ直ぐ遠くまでボールを飛ばすためです。

ヘッドが走らないとヘッドスピードが出ないため、体重移動(腰の回転)に沿ったクラブ操作が行われずヘッドが遅れることになります。ヘッドはクラブの最先端にあるため手元が速く動くと(速く振ってしまうと)体が先に開いてヘッドが遅れる現象が起こるのです。ボールは擦ったようなスライスになります。

ヘッドを走らせる動きを体感する方法は、クラブを逆にしてヘッド側を持ちます。PWなどの短いクラブが良いでしょう。右手3本(親指人指中指)でクラブをつまむように短く持ちます。小さなスウィングでクラブを振ってみます。右脇が開かないようなハーフ以下の振り子スウィングです。

右グリップが体の正面に来る前(右足前)で、スッと右手首を止めてみます。すると手が止まったことによってヘッドが自然に返ります。手首が少し折れたような形になりますがヘッドターンは自然にできます。これが「ヘッドが走る」現象です。

要は手元=グリップをインパクト直前で止める(急ブレーキをかける)動きがヘッドを走らせる動きになります。

これを実際のスウィングでやってみましょう。両手は柔らかいグリップでクラブを支えています。最初はあまりスピードが出ないハーフショットが良いでしょう。

ダウンスウィングで右肘が脇腹に触れて右腕が伸びる途中でグリップを止めてみます。スタンス幅の中でグリップが止まり、ヘッドが目標方向に動くことを実感して下さい。最初は慣れるまでいつものスウィングスピードの50%程度で、ゆっくり行います。

ハーフショットでヘッドが走ることが実感できたら徐々にスピードアップしますが、スピードアップする対象は「ヘッド」であることを忘れないようにして下さい。

スライスになり距離が出ない場合は、殆ヘッドが走っていないと言って良いでしょう。「ヘッドを走らせる」には、今やっているような振り方で手を速く動かすのではなく、逆に手を止める動きが不可欠です。

手を止めることはヘッドターンがスムーズにできることとイコールです。軽く振ってヘッドスピードをアップする方法は、インパクトゾーンで「手を止める」ことなのです。

スポンサーサイト



トレジャーヒル・ゴルフ&カントリークラブ

先日レッスンまで時間があったので、今まで行ったことのないコースに出かけてみました。

タイ全国のコースは、200ヶ所以上あると言われています。今まで10年以上かけてプレイしたコースはバンコク中心が殆どですが、北はチェンライ・チェンマイ、ラオス国境にあるノンカイ、ミャンマー国境のカンチャナブリ、南のプーケット島、そしてマレーシア国境にあるハートヤイ(ハジャイ)と80%以上160ヶ所以上になります。

ただ全国に点在する軍隊が所有するコースは遠隔地に結構多いのですが、まだまだ行っていないコースが沢山あります。またカオヤイやパタヤ周辺でもプレイしていないコースが少しあります。

今回はシラチャから30分ほどのトレジャーヒルGCに行ってきました。山に向かって進んでいきます。

コースは18Hでプーケットのブルーキャニオンコースを設計された加藤嘉一氏のデザインによります。樹木が大きくコースをセパレートしていてティグラウンドに立った時威圧感があり狭く感じられます。ティショットの着地点の幅は30-50YDSあって実際にはそう狭くはないのですが、視覚効果で狭さを強調しています。

遠隔地のゴルフコースにしては非常に手入れが行き届いており、プレイに支障をきたすような所はありませんでした。コースの特徴は自然の地形に沿ったアンジュレーションで、日本のコースかと思ってしまう雰囲気があります。それはそうですね、林間丘陵地に日本人が設計したのですから、日本的な雰囲気があるのはごく自然なことだと思います。

グリーンの形状は大きなもの小さなものの組み合わせでした。中心部が高くなった饅頭型もあれば、2-3段グリーンの形状のものものもあります。大きな傾斜がない代わり、緩やかなスロープになっており、初めてプレイした人は下りの速さに戸惑うこと間違いありません。逆に上りは結構強く打っても届かないようなことが多いのではないでしょうか。

このコースでプレイするスコアメイクのポイントはティショットとグリーンですね。

プレイしたのは平日の午前中でしたが、プレイヤー数は少なく、コースを管理する作業員のほうが圧倒的に多かったです。ただ18H終了時の昼頃になったら、タイ人プレイヤーが続々と入ってきました。午前中は空いており午後から混んでくるコースですね。

コースはしっかり手入れができていますが、隣のホールと近接していないためほとんどセパレートの印象が強く、コースを外れた場合はウォーターハザード扱いかOBになります。ここではバンコク周辺のコースのように真っ平らで曲がってもラッキーということが期待できません。

フェアウェイやティグラウンドも相応の管理状態でした。雑草がかなり入っていましたが、山の中では仕方ないかもしれません。

クラブハウスは古いですがそれなりに改修し手入れされており、清潔感は保たれています。クラブハウスの食事は安くて美味いタイ料理が食べられます。

総合的には少し遠く感じますが、プレイ費は安くコースは充実しており満足できる穴場コースに入ると思います。皆さんも是非お出かけ下さい。ただし、こちらのコースは難易度が高いため、好スコアを期待しない方が良いでしょう。


WEB SITE(タイ語)
トレジャーヒル・ゴルフ&カントリークラブ

タイは水不足

バンコク周辺では最近全く雨が降っていません。2013年11月に降雨があってからもう5ヶ月になります。先日少し降りましたがお湿り程度の雨でした。

私は10年以上タイにおりますが、このようなことは記憶にありません。昨年末から今年にかけての乾季はずいぶん涼しく感じました。あまり暑くならないため大変過ごしやすかったです。このような涼しさも今まで経験したことがありませんでした。

世界的な異常気象の影響だと思いますが、アメリカなどでは大寒波が襲来して降雪による交通機関への大きな被害が出たことが報じられていました。日本も同様に首都圏に大雪が降り数日間に亘り交通機関がマヒしました。本当に大荒れの冬だったですね。

さてタイですが、数年前にはダムの放水による大きな被害がでました。今度は渇水干魃被害が出そうな感じです。タイの北部にあるプミポンダム・シリキットダムなど大規模ダムの貯水量が軒並み低下しているようです。

もしこのまま降水量が少ない状態が続けば、タイの農業やその他の分野への影響は避けられません。洪水の後干ばつでは農家の人達もやってられない心境だと思います。ゴルフコースの貯水池の水位も随分下がってきました。コース維持には水が不可欠なだけに心配です。

今後の降水量次第では、バンコクで給水制限が始まるかもしれません。ちょうど今はタイの正月ソンクランです。一番暑い時期でこの後雨季(グリーンシーズン)に入ります。今後の降雨に期待したいものです。