FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

「親父の一言」2013年7月 ゴルフで集中するとは

「ゴルフで集中するとは」

ゴルフ解説書や週刊誌などにゴルフのプレー中は如何に集中するか?などという記事が載っています。でも集中するって具体的にはどういうことなのでしょうか。

一般的には、集中するということは精神や気力をプレイに集中させることであり、一生懸命プレイすることだと思うのですが、これでは具体的に何をすべきなのかよく分かりません。

ゴルフで言う集中とは、一点を凝視することではないでしょうか。例えばティショットを打つ場合はティアップしたボールの後ろから着地すべき目標地点を見ます。この場合漠然とあのエリアに落すと言うのは集中しているといえません。

ボールの後ろから目標となる目印を決めます。そしてその目印を5秒以上凝視します。瞬きもせずにです。このようなアクションは目標をはっきりとさせるとともに、あそこに打つんだと言う決意をすることでもあります。これが集中ではないかと思います。

さてティショットが上手く行き、第2打地点まで歩きます。そして次にどのように打つかと言うことを考えながら歩いている人が多いと思いますが、ここでは他の事を考えればリラックスできます。他の事とは空の雲や遠くに見える花の色であったり様々です。時には芝の長さや地面の状態でも良いでしょう。何でも良いのですが、次打地点近くまではショットのことは考えずリラックスすることです。

そしてその地点に到達します。ティショット同様に、打つべき方向をチェックします。行ってはいけない場所をチェックするというより、このショットがミスショットになったとしても安全な場所を選定すべきでしょう。その場所も漠然としたエリアでは無く、具体的な場所を確定します。そしてやはり5秒以上凝視し、あそこに打つと言う強い気持ちでボールに向かい合います。

短い距離のアプローチやパターの場合はどうなのでしょうか?アプローチやパターもティショットやセカンドショットの手順と全く同じです。目標やラインの設定、目標を凝視する集中、そして決断という手順になります。

初心者の方と一緒にラウンドしていますと何を考えているのか疑問に思うときがあります。集中しようとしているのでしょうが、その手順やこつが分らずボーっとしている場合があります。集中すべき場面でその動作が見られず、開放すべきところで色々考えているなどと言う状況が見られます。ただ頑張ろうと思っても結果は反対に行きやすく集中が出来ない状態になっているのでしょうね。

私は短い距離になるほど集中するようにしています。ドライバーは即スコアに反映しませんので気持ちが楽ですから、集中も程ほどです。時間もかけません。アイアンやFWも同様です。でもグリーンをはずした際のアプローチショットは時間をかけ集中します。30-50YDS位の距離は歩測した後ボールの後ろから球筋をイメージし目標をより鮮明・具体的にします。

パターも同様に時間をかけます。カップとボールを歩測し傾斜をチェックします。ボールの転がりをイメージしカップインする方向つまり入り口を決め、ボールから50cm位先にスパッツを決めます。そしてスパッツにフェースを合わせスタンスを取ります。あとはイメージ通りに打つのみです。

パターはショットの中で情報収集に最も時間をかけますので、集中の程度は大きく時間も長くなります。そして入る入らないはともかくとして自分が作ったイメージで打てれば良しとしています。

18ホールプレイ中ずっと集中はできませんし、する必要もありません。必要な場面で集中と開放をバランスよく行う必要があります。練習場で練習してきたことをコースで実践するためにも、集中と開放の重要性を認識し、プレイに是非取り入れて下さい。

スポンサーサイト



バンコク10年前と何が違う-4

バンコク10年前と何が違うの最終回です。

一番の違いは車が増えたことと道路工事が一段落したことではないでしょうか。特に10年以上前は道路の伸延工事があったり、BTSやMRTの工事があったりで、至る所で道路自体が寸断されて工事をしていたように記憶しています。

例えばバンコク市内からパタヤ方向に行くにはバンナトラッドハイウェイのみで現在のようなモーターウェイはありませんでした。特にラマ9道路までの接続する周辺、シーナカリンやスワンナブーム付近のモーターウェイ工事は道路が物凄く汚かったことを覚えています。ラマ9まで砂利道で迂回していましたので、雨季の通行は酷かったですね。

現在のパタヤまでの道路は完成からさらに部分的に拡張工事を行いながら整備されています。ただ路面はアップダウンがきつく、平らな部分が少ない特徴があります。バンナトラッドハイウェイのような高架道路ではありませんのでまるでミニジェットコースターのようでもあります。平らなところに作った道路ですから、小さな川を横断する道路は全て上方向に橋を架けなければならないため、道路がアップダウンしてしまうのです。

シーラチャレッスンなどで毎週利用しますが、アップダウンが心地よくすぐ眠くなってしまいます。それにしましても道路の完成によりシーラチャ・パタヤ・ラヨーン方面が近くなりました。パタヤまで約2時間で到着ですから本当に便利になりました。

この10年間で車両が物凄く増えたと思います。数年前の統計で1日1500台ずつ増えていると記憶していますが、土地・人口に比較して道路の面積が小さいと言われています。道路の面積が小さいのに車が増えたら当たり前の現象しか起こりません。具体的には許容量の4.5倍の車両台数がバンコクの大渋滞の原因になっています。これだけではないと思いますが。

でも私の住んでいるエリアから朝ゴルフコースに行く場合、また帰りにアパートに戻る場合は殆ど渋滞なしで往復しています。特別なルートを通ってではなく、一般的なルートを使用してです。

どういうことかと言いますと、朝コースに行く場合はバンコクに流入する通勤車両とは逆の方向になります。物凄い通勤渋滞を見ながら快適に走行できます。夕方はこの逆になりますので、それなりに渋滞なしで往復ができるのです。あとアパートが高速道路の入り口に近いことが渋滞に巻き込まれないで行ける決め手になります。高速入り口まですぐは便利です。

ゴルフコースに行く場合や地方に出かける場合は、行ける所まで高速を利用します。そして高速を降りて多少渋滞しながら目的地に到着しますが、一般道のみで走行する場合に比較してはるかに早く到着することが出来ます。住まいがスクンビットやラマ4にある方は、この渋滞エリアをいかに抜けるかが決め手になるようです。

将来的にバンコクの渋滞解消が出来るかどうかは分かりませんが、都心部を抜ければ高速道路がなくなっても一般道で100kmで走行できます。信号も無く快適な道路が伸びています。タイ全体ではどこの地方都市でも朝晩大渋滞と言うことは無いため、大渋滞はバンコクだけのことと言ってよいと思います。

バンコク10年前と何が違う-3

公共の乗り物で一番変わったのはBTSスカイトレインではないでしょうか。BTSは高架鉄道方式で、1999年12月5日の開業です。開業当初はモーチットからオンヌットまでのスクンビット線とナショナルスタジアムからサパーンタクシンまでのシーロム線の2路線でした。

現在も2路線で変わりませんが、其々の路線で延長がなされています。スクンビット線ではベーリンまで5kmが延長されました。そのあともサムットプラカンまで延長予定です。シーロム線ではウォンウェンヤイからバンワーまで延長されて、さらに延長される予定です。

2000年頃から急に車が増加しましたので、バンコク市内の主要道路は慢性的な渋滞になっています。自家用車で会社に通勤する人は少ないと思いますが、今までバスを使用して乗り継いで通勤していた人達には便利になったと思います。サパーンタクシンの川向こうから通勤する人達は船も使っていますので、BTSが延長されたので助かっているでしょう。

BTSの車両や運行システムはドイツのシーメンス製です。延長工事や乗客数の増加に伴って車両が追加されました。当初はシーメンス製を追加していましたが、数年前に中国・長春軌道客車製を導入しました。最初はシーロムラインで運行していましたが、今年からスクンビットラインにも使用されています。

余談ですが、シーメンス製は停止が当たり前にスムーズです。長春製はその反対でいつも変則的な停止をします。転びそうになる乗客を良く見かけます。運転士が同じ操作をしてもシーメンスのようにスムースに綺麗に止められないんですね。多分。

最初は3両編成のBTSも現在は2路線が4両編成に変わりました。朝夕の混雑は異常な位です。私が良く利用しますアソーク駅の構内、改札口付近は日本の駅の混雑も負けそうな位の混み様です。というより当初計画の入場者数をはるかに上回っているため、身動きが取れない=構内特に改札口が狭いと言ったほうが良いと思います。

BTSアソークはMRTスクンビット駅と同じ場所ですから乗換え客が殺到します。BTSからMRTまではすぐなのですが、平日夕方17:00から20:00までは、MRT方向への下りエスカレーターが使用禁止になっています。一方通行にして混雑を解消しようとしているのでしょう。

10年前に比べて乗降客が圧倒的に増えたことがあげられますが、車両も随分変わりました。広告を貼り付けたラッピング車両が殆どになりました。車内では両サイドにモニターがあり、音声入り広告を常時流しています。日本の静かな電車とちょっと異なります。

バンコク周辺の人達の通勤手段は、バスがメインだと思います。がしかし慢性的な渋滞ですので、長距離の人達は、1.5~2.0時間かけて都心部まで通勤しています。お疲れ様ですね。バスも以前は車両が多くありませんでしたが、今は色々な車両が走っています。タクシーもそうなのですが、色は青・ベージュ・赤・黄・白など様々です。

今希望するのは、BTSとMRTの相互利用システムの導入です。一枚のカードで両方が利用できれば便利だと思うのですが、乗車切符は別々に購入しなければなりません。日本では当たり前ですが、タイでは乗客の利便性はまだまだですね。

バンコク 10年前と何が違う-2

バンコク 10年前と何が違う-2回目、今日はマンションのお話です。

2001年と決定的に違うのは、街の景色がすっかり変わってしまったことではないでしょうか。20年以上前のシーロム周辺では、ドゥシタニホテルとナライホテルが高層であとはすべて低層の建物しかなかった、と以前に聞いたことがあります。

2001年頃では高層のビジネスビルも増えてきましたが、まだまだ空には空間がありました。当時はバンコク(タイ)では高層ビルはホテル、ビジネスビル、病院が大きな建物でした。

その頃の街の景色といえば、高層建築物で工事を中断している物件が、バンコク市内のあちこちに存在していました。ラチャダーのBIG C(旧ジャスコ)交差点前の鉄骨だけのビル、サトーンとラマ4の交差点にある鉄骨むき出しのビル、ムアントンタニのアイスアリーナ対面の高層マンションなど市内周辺には50ヶ所以上があったようです。

なぜこのようになったのかと言いますと、1997年のアジア通貨危機で資金繰りができず工事が中断してしまったと言われています。工事中のクレーンに物がぶら下がったまま、約10年以上経過し、そして2010年頃から少しずつ工事が再開しました。

中断したままで放置した建造物がそう簡単に工事再開出来るんでしょうか?私には専門的なことは分りませんが、日本ではあまり聞いたことがありません。10年以上放置された構想建築物がオフィスビルや高層マンションになって次々と竣工していきますが、タイだから出来ることなのでしょうね。地震もないですから。

さて2001年から圧倒的に変わった景色は、30階以上の高層マンションが林立したことです。マンション建築ブームと言って良いでしょう。BTS沿線特にスクンビット奇数側は比較的古くから開発されてきたようで、すでに高層の高級マンションが沢山あります。ここ10年は偶数側エンポリアムデパート側に高層マンションが沢山できました。この近くに、以前はソイ18と24にゴルフ練習場がありました。でも開発により閉鎖になってしまいました。

地下鉄MRT特にラマ9から北は新興住宅地に当たりますので、駅前または路線に沿って高層マンションの建設ラッシュが未だに続いています。デベロッパー大手の物件が多く、スクンビットと少し様子が違います。こちらの物件はどちらかと言いますと100㎡を超える外国人向け高額物件ではなく、50~80㎡中心で、タイ人向け特に若い人達向けの物件が多いようです。

住宅大手はLH、プルクサ、サンシリ社などがありますが、マンションではLPN(ルンピニ)ブランドが圧倒的です。APブランドもMRT周辺に多く見られる高層コンドです。場所にもよりますが300万Bから購入できるようです。

でもこんなに高層マンションがあちこちに乱立状態で、購入または入居する人がいるんでしょうか?

バンコク 10年前と何が違う-1

2001年にバンコクに来てからもう10年以上になりますが、日常生活において当時と現在何が大きく変わったのでしょうか。今日は通勤に利用していますMRTです。

バンコクの地下鉄バンコク・メトロ社のMRTは、2004年に開通しました。2001年当時は工事中で路線に当たる幹線道路は大変な渋滞だったことを覚えています。幹線道路の地下に地下鉄を作るわけですから大変です。工事中も道路は通行止めに出来ませんから渋滞は当然です。

2004年開業当初からブルーライン=バンスー~フアランポーン間の1路線約20kmで、現在もそのまま変わりません。当初計画によれば別な路線も計画されていたようで、タイ文化センター駅は別路線が交差する乗換駅になる予定だったようです。

そのためタイ文化センター駅の構内は他の駅と違った作りになっています。構内のB1だと思いますが別な路線の工事が一部完了していると思われる場所があります。乗換えスペースを考慮した作りになっているのでしょう、特別広いスペースです。いつになるか分りませんが、将来MRTの別な路線が開通するかもしれません。

開業当時は乗客はそれほど多くありませんでした。朝夕もラッシュは気にならない程度で酷くはありませんでした。でも現在は朝8-9時のラッシュ時は乗れない場合があります。タイの場合は無理やり乗り込むということが嫌いですから、一杯になるともう無理をしません。無理に乗り込もうとすると睨まれてしまいます。このような状況ですから、混雑時酷い時には後続2-3本待ちになってしまいます。

それにしても随分乗客が増えたんですね。

乗客のうち女性のスタイルが当時と随分変わりましたね。開業当時は綺麗なスーツやワンピースの通勤女性の足元は靴ではなく、ビーチサンダルかスリッパのような軽装でした。サンダル履きは、今も時々目にしますが靴が随分多くなりました。でも踵の高いパンプス系は殆どありません。ペッタンコのプラスチック系シューズで靴と言えるかどうか微妙な履物です。

あと数年前からセキュリティチェックをするようになりました。MRT駅構内の入り口にはセキュリティチェックマシンが設置されており、金属などを検知するようになっています。最初は面倒でしたが、ガードマンも一応チェックするのが仕事ですから協力しています。見ているようなポーズににしか見えませんけど...。

BTSもそうですが、車内で携帯電話・スマートフォンを操作している人達が圧倒的に多いですね。何もしていないのは中年以上の乗客や子供だけで、若い人達特に女性は7-8割以上が操作していますね。

2004年の開業から9年ですが、当時から随分変わったものです。