FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

「親父の一言」2013年6月 フィニッシュとは?

フィニッシュとは?

スウィングの最後にはフィニッシュを取りましょうと言われます。

どういうことかと言いますと、正しいスウィングが行われる時には、正しいフィニッシュがとれていなければならないという意味でもあります。

今回はフィニッシュの意味を考えてみたいと思います。

無理の無い力配分で、スウィング軸がキープされたスウィングをしますと体重移動が適正に行われます。

インパクト後の体重は、完全に左に移っています。これはクラブをスウィングプレーン上で左右対称に操作した結果であり、必要最小限の体の動きで最大限ヘッドを動かしている結果でもあります。

セットアップからバックスウィングがスタートします。バックスウィングの意味はヘッドがボールをインパクトするために必要な反動をつける動作です。反動はクラブ操作の他、上体の捻転と、体重を左から右に移すことで行います。

その後スウィングはトップから切換し動作を経てダウンスウィングとなり、インパクト後フォロースルーを経てフィッシュとなります。スウィングはインパクト後の惰性でフォローとなり、スウィングの終了動作がフィッシュです。

フィニッシュでは100%左足荷重で右足には体重を残しません。腰は完全に目標を指しています。手は左耳と左肩の近くにあり、そして動作が停止します。

インパクトからフォローでヘッドが止まる方は、是非最後のフィニッシュまで体を動かして下さい。打ってお終いという方は、上体中心の手打ちの方が多く、体重移動が上手く行っていない場合が多いようです。

インパクトでお終いのスウィングは、スウィングと言うよりボールにヘッドを当てている動作であり、ヘッドに当たっている時間が短いためボールは真直ぐ飛びません。

一方AWやPW等のような短いクラブでは、スウィング自体が小さいため、体の動きはドライバーほどダイナミックではありません。このような場合は、トップ・フィニッシュとも小さくなります。

正しいスウィングの最後はフィニッシュです。そしてドライバーからアプローチショットまでゴルフスウィングにはフィニッシュが不可欠なことを理解して下さい。

もしフィニッシュが取れない場合は、スウィング自体が力みすぎていることが多く、体重移動が適正に行われていないことをチェックして下さい。

出来ない方はフォロースルーから少し減速しながらフィニッシュをとる形を覚えましょう。そして練習しフィニッシュをとることに慣れて下さい。

スポンサーサイト



シーラチャでレッスン

2001年から、現在までバンコク市内のティオフ・練習場などでレッスンをしてきましたが、2013年5月からシーラチャでもレッスンを始めました。

レッスン会場は、モーターウェイの延長線にあるチョンブリ・パタヤハイウェイのすぐ近くです。バンコクから行きますと、シーラチャタイガー動物園方向に左折し、すぐUターンしてシーラチャ方向に向かいます。ハイウェイから100mほど右手にBSC練習場があります。

この練習場は60打席の平屋で、距離も300ヤード以上あり、横・奥ともネットなどは無く、開放感があります。施設内にはボーリング場、カラオケ、日本食レストランなどがあります。また隣接して日本人学校があります。

最近シーラチャは日本人の増加が特に顕著のようです。正確な数字は分りませんが、7-8,000人はいると思われます。特に増えだしたのが、一昨年のバンコク周辺地域の大洪水のあとのようです。あの時は中部地方からアユタヤにかけ、徐々に洪水が南下してきました。バンコク周辺北部地区も大きな被害が出ました。

大洪水の時、アユタヤ方面で操業していた工場は、水害時の緊急避難でチョンブリ・シーラチャ・パタヤ方面に移転しました。その後そのままシーラチャなどの東部地区に移転してしまった工場もあるようです。

そのようなことがあって、シーラチャの日本人は増えたようです。日本人学校が数年前に開校になりましたが、開校時の生徒数が数十名と少ないと言う話を聞いたことがありますが、現在は何と200名以上が在籍しているようです。

さて今回シーラチャでレッスンを開始しましたのは、シーラチャ市内のゴルフショップ「ゴルフギア・サージ」さんからのご紹介です。ショップのお客様がレッスンを希望していますと言う話から進展しレッスンを開始することにしました。

バンコクは土日中心のため平日は割合空いています。そこで週二回水曜日と木曜日の18:30から21:30まで3時間を設定しました。バンコクはそれ以外の曜日、月・火・金・土・日になります。

何回もお話していますが、スコアが100位で回ろうと思えば、ゴルフは自己流で問題なく出来ます。

でも時間がたっぷりあり、ゴルフがいつでも出来る環境であり、かつ研究心が旺盛でなければ、習得には時間がかかりすぎます。そんなに簡単に出来ない、上手くボールを打てない、スコアをまとめられないなど、思ったように上達できない最大理由は、ゴルフに接している時間が少ないことです。

限られた時間で早期に上達を目指すには、レッスンを受講することが最短ルートなのです。

シーラチャの皆さんレッスンを受講して早く上達して下さい。なお見学は自由です。

お問合せは、PRO NODA GOLF SCHOOL 089-044-5892まで

レッスンの詳細はWEBをご覧下さい。
PRO NODA GOLF SCHOOL

タイの扇風機

タイは、今が一番暑い季節です。アパートにはエアコンはついていますが、扇風機もあった方が良いと思い購入しました。

以前に購入した物は、引越しした際に壊れて捨ててしまいました。以前はタイブランドでしたが、今回は日本ブランドS社製です。

タイの扇風機はHATARIブランドが有名ですが、この名称ハタリは、何となく日本製のような感じがします。大手スーパーの電気製品売り場には沢山の商品が並んでいますが、HATARI製は有力商品で、大きなスペースを占めていますが、販売価格帯は500B~1,000Bの商品が多く陳列されています。

購入しましたメーカーのS社は、日本ですと液晶テレビなどが有名な会社ですが、タイでは扇風機の他冷蔵庫、電気釜、湯沸しポットなど色々な商品があります。そういえば以前に使っていた電気釜もS社製でした。

で、その扇風機ですが、当然のことながら良く働いていますが、日本国内で販売されている国内メーカーと比較して以下のような点が異なると思います。

1.色がカラフル
2.音が少し煩い
3.微風に近い低回転などは無い
4.微調整が効かない

日本国内の商品と比較すれば、このような差があります。

まさに送風機能重視といったところで、余計なものはついていません。扇風機とは、ただ風を送るだけの機能が必要であり、その機能が満たされていればOKみたいな感じです。勿論日本のような細かな調整も出来ません。ただ風の強弱を調整するスイッチがあるだけなのです。だからかもしれませんが、働いている(動いている)実感として少しブーンと言った煩さがあります。全てのブランドがこんな調子です。

でも先日タイの家庭用品デパートで先日見かけた日本ブランドには、日本と同じような調整機能がありました。微風などと言った機能です。価格はやはり高く、一般的な扇風機の3倍位しましたね。

ちなみに購入しました扇風機は、中型サイズでしょうが、850B(2,500円)でした。

エアコンと並行で使用していますが、ブーンと存在感をアッピールしています。