FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

親父の一言 2013年5月

体重移動の意味を再確認

2013年3月の親父の一言でもお伝えしましたが、体重移動が良く分からない、出来ないという方のために再度UPします。

体重移動が正しく行われないスウィングは手打ちと呼ばれています。手打ち即ち上半身主体のスウィングは百害あって一利なしであることをもう一度確認して下さい。

スウィングは静止時のセットアップからバックスウィングが始まります。クラブヘッドが右に動くと言うことは打つための反動をつけることとイコールです。

物を遠くに投げる場合も目標と反対方向に反動をつけて体重を移動させます。これが投げるための準備です。

ショットも全く同じです。準備が完成するのはフルショットの場合、背中が目標を指すつまり90度になっています。腰は45度です。体重はクラブの長さやスウィングの大きさなどで若干の差はありますが、殆ど右にかかっています。これがトップです。

ここからいよいよ切換し動作を行い、ダウンスウィングに入りますが、この部分で一番間違いが多く発生します。

上体を捻って(回して)作ったトップを上体から切換をしようとする動きです。これですと折角上体を捻り(回し)体重を右に移して作った準備イコール反動をつける動作が全く無駄になってしまいます。

さらに悪いことが重なります。正しいトップを作っても切換し動作で下半身が適正に動かず、体重移動が不十分のままでインパクトした場合、ヘッド軌道は殆どアウトから入ってきます。下半身を適正に動かさないスウィングは、飛ばない曲がるボールになってしまうのです。

人間の体は良く使う部分は器用だと言われています。上半身と下半身では上半身です。右手と左手は右手になります。このような器用な部分は、ゴルフスウィングにおいては毎回同じ反復動作は出来ないと言われています。

不器用な部分つまり下半身と左をどのように使うかが正しいショットをするための鍵になります。

皆さんのスウィングは殆ど腰が開くタイミング(体重移動のタイミング)は遅いといっても過言ではありません。正しいインパクトでは頭と上体がボールに正対し、腰が開いています。この姿勢でインパクトできれば、アイアンではボールの左を打てるダウンブローの最強スウィングになります。

トップからの切換し動作で上体から打ちに行かないこと、体重移動のタイミングを遅らせないことを注意してスウィングしてみて下さい。ナイスショットが連発できるはずです。

スポンサーサイト



シューズのソフトスパイク交換

タイの正月ソンクラーンは4月13日から15日までですが、今年は13日~16日まで休日となりました。今年の天候は曇りの日があったせいか、例年より暑くなかったように感じました。水も殆どかけられず無事正月を過ごすことが出来ました。

年末から3月にかけて、試合やレッスンでコースに行く機会が多かったので、久しぶりにシューズのスパイク交換をすることにしました。

現在愛用しているシューズは4足で、全てフットジョイです。ICONが2足、ドライジョイツアーが2足です。使用期間はアイコンは2年、ドライジョイは1年になります。アイコンのスパイクは以前にも部分的に交換しています。

アイコン、ドライジョイツアーともスパイクは片方9個ついています。1足当たり18個になります。全部取り替えますと72個になり、フットジョイショップで購入すれば1足分18個700THB(約2,100円)になります。4足分ですと2,800THB(約8,400円)で靴一足買えそうな値段になります。スパイク一個100円以上はちょっと高いですね。

愛用しています二つのモデルのスパイクは、ソフトスパイク社のCYCLONE FTS(USモデル)で、ファストツイストロックシステム(FTS)で取替えは簡単です。ねじ式ではないため、外れて紛失することも少なく素晴らしいと思います。が、今回は交換に苦労しました。

なぜ苦労したのかと言いますと、そんなにスパイクが減っていないにも拘らず、レンチで回らないのです。スパイクにはレンチの2本の突起部分が入るような小さな穴が2つあります。ここにレンチの突起部分を差込み、左に回すことで簡単に解除されます。

通常この小さな穴の部分には、石や泥などが入り込むため、レンチを使用する前にまず清掃をしなければなりません。清掃をして綺麗にした上で作業に取り掛かったのですが、全然回らず穴が損傷してしまいました。

こうなるとレンチでスパイクを外す事は不可能です。

なぜ外れないか考えました。FTSシステムは、1-2-3段階でロックされるようになっています。シューズとスパイクが完全に密着状態になっています。さらに経年使用で砂などが入り込み、さらにロックされた状態になっていることが考えられます。

そこで靴底とスパイクの接合部分に隙間を作ることを考えました。具体的にはハサミを接合部分に差込み、ハサミが隙間に入るようにしました。その上でレンチを回すと簡単にはずすことが出来ました。

レンチを差し込む穴が壊れてしまったスパイクは、時間がかかりました。この場合もやはりハサミでスパイクの羽部分をカットします。出来るだけ四角または丸の状態にカットし、ハサミで隙間を作ったうえでペンチまたはプライヤーで回す作業をしました。約2時間かかり4足全てのスパイク72個をはずすことが出来ました。新しいスパイクは4足で72個を10分ほどで装着しました。

本当に疲れました。これからはもっと早い機会にスパイク交換しようと思います。

新しいスパイクが装着されたシューズは大変気持ちが良いものです。皆さんもスパイクの交換は早めにすることをお勧めします。