FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

親父の一言 2013年3月

体重移動をすることの意味

ゴルフスウィングでは体重移動が不可欠なのは皆さんご存知です。でも実際は中々上手くできないのが実情です。今回は体重移動がなぜ必要なのかその意味を考えてみたいと思います。

セットアップした後スウィングがスタートします。左肩を横からポンと押される感じで、体全体が動き出します。体全体と言ってもショートアイアンとドライバーでは体の動かし方が異なります。

ドライバーは長いクラブのためダイナミックに体を使う必要があります。アプローチショットのように極端に言えば小手先でクラブを持ち上げてトップを作り、ダウンスウィングでボールをヒットすることは不可能です。

ドライバーは距離を出すクラブのため、しっかり体重を右にかけることが重要です。でもトップで左肩があごの下に入ったほぼ完璧な状態になっていても、体重を左から右に移動していない場合が多く見受けられます。

トップでは肩が目標に対して90度、腰が45度捻転しなければならないと言われます。またこの状態で体重の殆どが右に移っていなければなりません。なぜなら体重移動はショットをするための反動をつける動作だからです。

例えば野球のボールを数メートル先まで投げるには体重移動をしなくても投げられますが、数十メートル以上遠くまで投げるには体全体を使った体重移動が不可欠です。

ゴルフスウィングのフルショットは、正にボールを遠くまで投げる動作と同じなのです。

上体を捻転して肩が90度回っても体重が右にかからない場合があります。リバースビボットと呼ばれるトップオブスウィングで、体重が左にかかる場合です。

肩をしっかり捻転することはダウンスウィングの動作つまりスウィング軌道に大きな影響を及ぼします。一般的に浅いトップからはアウトサイドイン軌道になりやすく、正しくボールを飛ばすことができません。

肩がしっかり入ったトップで、かつ全体重が右足に乗っていなければならないことを注意してスウィングする必要があります。そしてインパクトでは右足を蹴るような動きは避けなければなりません。ダウンが開始されたらすぐに右足から左足に体重が移り、自然に左足に乗ってしまうことが大切です。

練習方法としては、トップで左足を地面から上げ、ダウンでは右足を上げる繰り返し動作が有効です。スウィングはハーフスウィングの方がやりやすいでしょう。

ボールを真直ぐ遠くまで飛ばすには、正しい上体の捻転と体重移動が不可欠なのです。

スポンサーサイト



日米首脳会談のお土産は山田パター

先日インターネットニュースを見ていて驚きました。安倍首相がオバマ大統領に山形市の山田パター工房が製作したパターを手土産として渡した。とあったからです。

以下はその時の記事です。

安倍晋三首相は22日の日米首脳会談で、オバマ大統領に山形市の山田パター工房が製作したゴルフのパターを手土産として渡した。

祖父の岸信介元首相が1957年に初めて訪米した際、ホワイトハウスでの首脳会談の後にアイゼンハワー大統領とゴルフを楽しみ、交友を深めた経緯がある。

首相がそのエピソードをオバマ大統領に紹介すると、会談に同席したバイデン副大統領は安倍首相に対し「その時のアイゼンハワー、岸両氏のどちらのスコアが良かったのか」と質問。首相は「国家機密だ」と述べ、その場が笑いに包まれた。(共同) 2013年2月23日産経新聞電子版から


山田パター工房について少しお話します。

私が1997年にゴルフショップを開業してまもなく、山田パター工房の営業担当者が来店しました。

YAMADAブランドのデザイン性や仕上がりの綺麗さに引かれてすぐ取引を開始しました。それ以来2002年までお付き合いさせて頂きました。

今回オバマ大統領からの指名で、山田パター工房の「エンペラー」がお土産として贈られましたが、手作り職人山田透社長の技術力の高さに敬意を表します。またこの度の快挙に対して心からお喜び申し上げます。

山田パターブランドは、隠れた逸品であり多くのプロが使用しています。

皆さんも機会がありましたら実際に試打してみることをお勧めします。


サイト (有)山田パター工房 

ハジャイに行ってきました。

今年中に是非行ってみたい場所は、南部のハジャイと1月17日UPでお知らせしましたが、1月30日-31日2日間で行ってきました。当初一人で行こうと思っていましたが、タイに短期滞在中のレッスン受講者のMさんが同行してくれることになり一緒に行きました。

当日はドンムアン空港を朝6:00にノックエアで出発しました。約1.5時間でハジャイ国際空港に到着です。朝は4:00に起きましたので飛行機の中では熟睡しました。ハジャイ空港到着後、ターンテーブルからゴルフバッグをとり、すぐ近くのAVISレンタカーカウンターでレンタル手続きをしてすぐビオスで出発しました。

ハジャイはタイの深南部ですが古くから貿易で栄え発展した町です。町の規模はチェンマイと同じくらいの感じがしますが、幹線道路や路地もチェンマイよりはるかに整然としています。貿易で栄えた古い町イコール雑然とした汚いイメージがありましたが、全く逆で大変綺麗な立派な町という印象を受けました。

さて今日は空港から15kmほど離れた場所にある18Hのリゾートコース、サザーンヒルズGCです。大自然の中に佇む平屋のロッジ風クラブハウス、川に沿って作られたペリー・ダイ設計のコースはプレイしてどんなコースなのでしょうか?

1999年開場した当コースは残念ながら単なる田舎のコースになってしまっていました。開場から15年ほど経過して管理が行き届いていない様子がよく分かります。グリーン、フェアウェイ、ティグラウンド全てが平均点以下です。バンカーには人間と犬の足跡が沢山ありました。グリーンやフェアウェイは堅くボールがどんどん転がります。こうなると、どうでも良い練習コースと言う感じです。

18H約4時間で終了し、グーグルマップによれば隣接しているトンタイバンライGCに行きました。クラブハウス近くにはプールがあります。誰が泳ぐんでしょうね。まあそれはともかくとして、続けて18H回ることにしました。

NO.1が混雑していましたので、新設のコースNo.6から回ることになりました。新しいコースは全くの運動場という風景で9H全てが見渡せます。狭い土地に無理して作った感があり、グリーンとティグラウンドは近く、大変危険な感じがします。幸い今日は新設9Hには人が見当たりません。新設コースは平坦地の上に急なドッグレッグのホールが多く、どこに打てば良いのか分らないホールが沢山ありました。

以前からある9Hは林間コースで、大きな木にセパレートされている堂々としたコースです。練習には丁度良い感じですね。こちらもどこに池があるかちょっと分かりにくくなっています。全体の評価はバンコク周辺に比べて普通以下です。やはり管理面が良くありませんでした。

30日はこのように朝から36Hを終了し、予約してあったホテルに向かいました。中心部の川というか水路に沿った道路があり、ホテルはそこにありました。少しごちゃごちゃしていましたが、問題なくホテルに到着しました。

翌31日の朝食は、目的地のハジャイ・リゾートでと思い、ホテルを7:00に出発しました。クラブタイランドさんの情報によればその内容は以下です。

「ハジャイリゾート・&ゴルフクラブはハジャイ空港から車で約15分ほどの所にある18ホールのゴルフ場です。土地柄タイ人のみならずマレーシア人も訪れる程、人気が高く南国の雰囲気満載のゴルフ場です。宿泊施設も完備されているので、滞在をしながら戦略的な各ホールを攻略したい所です。」

この情報を読んだ限りでは、何とも素晴らしいリゾートですね。でも実際は数年前にホテルはクローズ、ホテル内部がショップになっていました。ホテル前は舗装されておらず、コース間の歩経路も砂利道です。表現は悪いですが、倒産した後誰かが自主運営しているような埃っぽいコースの印象です。

朝ごはんを注文しようとしてメニューをお願いしました。写真つきのメニューでしたが、肝心の商品がありません。アメリカンブレックファーストは勿論ありませんでした。カオパットしかないと言うので、仕方なくパッ・ガパオ・ムーの目玉焼付を注文しました。辛かったです。

コースは1994年の開場当初は素晴らしかったと思います。でも20年経過した現在はコース管理面は全くされていません。コース内は落葉だらけです。途中で6名のグループがおりました。こちらは2名ですので、すぐにでもパスさせてもらえると思っていました。数ホール進んでも、全くその気配がありません。ゴルフ場も、キャディも、6名のプレイヤーも、「あるがままの状態で何にもしない」のがこのコースの特徴なんですね。多分

今回は初めてのタイ深南部ハジャイで3コースをプレイしました。タイの全体的なコースレベルは非常に高く、特に南部のプーケットはインターナショナルレベルにあります。コースレイアウト、コース管理、そしてサービススキル全てがトップレベルです。

でもここハジャイはガイドブックの情報とはかけ離れた、バンコクでもプレイしたことが無いような田舎コースになっていました。まあこれはこれで良い経験をさせてもらったと思いました。

ご一緒して頂いたMさんありがとうございました。