FC2ブログ
 

タイ・バンコクゴルフレッスンBLOG

親父の一言 2013年2月

技術に優先する精神

今月は技術に優先する精神のお話です。精神と言うと、何やら練習しなくても上手くなれる等と言う胡散臭い感じがします。

でもゴルフ技術は単なる理論付けや物理的な仕組みだけでは解決できない問題を含んでいます。このコラムでは何回もお話していますが、「池に行きたくない」と思えば思うほど池にボールが飛んでいくアレを想像してみて下さい。

ゴルフを始める初期の段階では、この精神や気持ちが大変重要になります。本人が上達したいという強い気持ちをまず持って下さい。とは何回も話しています。これは強い気持ちを持つことにより、理解が早まること上達を促進することという効果があるということに他なりません。

よくゴルフモードにして下さいともお話します。日常生活の中にゴルフを取り入れる考え方です。歩く時はリズムや体重移動を意識して歩く、少し時間があれば上体を捻る、下半身を戻す動作もすぐ出来ます。いつもゴルフに関係することを思考してみるなどです。

一日数分のこのような動作により、ゴルフの体の動かし方が知らず知らずに、少しずつ身についてきます。単に素振りをしたりボールを打ったりではすぐ忘れてしまうと言うことなのです。

歩いたり走ったりする動作は考えなくても出来ます。でもどこに手が上がる、どこから降りる、腰はいつ動かす、ショットする瞬間はなどと考えていては、同じ動きでスウィングはできないと言うことを基本的に理解する必要があります。

日常の無意識動作は右脳がしています。考えることによって体を動かそうとする場合は論理的回路左脳がメインになります。

行ってはいけない場所は池で、そこに行かないようにしようと左脳で考えるわけですが、体を動かす筋肉は右脳で動きますのでつまりは池に行ってしまうことになります。

行きたい場所を強く念じる、凝視するなどで肯定的な目標を鮮明にします。結果的にこれがミスをクリアすることになりますし、そしてこれをルーティンにすれば、同じようなショットが打てることになります。このような動作ができるよう繰り返し練習をして、体得する必要があります。これは右脳による動物的感覚を身につけることに類似します。

私は試合前には好きな音楽を繰り返し聞くようにしています。それが自分をリラックスさせ、プレイに集中できる効果があると信じています。

コースでは気持ちで負けてはいけません。駄目だなと思ったらもう負けです。強い精神を持ってコースに臨むことは、ゴルフを続ける中で最も重要なことなのです。

スポンサーサイト



タイのゴルフコース 南部

今年は南部のコースを訪れる予定です。

タイの南部と言えばまずはプーケット島ですが、数年以上前に全てのコースをプレイしています。

プーケットは素晴らしいコースが沢山ありますが、特徴は通年祭日料金で高いことがあげられます。タイで最も物価が高い地域ですが、ゴルフコースはブルーキャニオンやレッドマウンテンなどが4,000~5,000B以上します。確かにプレイして面白いのは事実ですが、タイの他の地域に比べて突出して高い印象があります。

南部ではサムイ島のサンテブリサムイGCも有名ですが、今の所予定がありません。このコースは、自然破壊を最小限にする前提でコースを作っている関係上、島の地形なりのコースに仕上がっていると聞きます。島には平坦地は少なく、トリッキーなレイアウト、無理な設計が特徴ですから、初級中級者には難易度が高すぎるでしょうね。

自分が考える良いコースとは良い地形と相関します。ゴルフコースは万人が楽しめるのが前提ですから、上級者が幾ら評価しても中初級者がプレイできなければ意味がありません。が...どうなのでしょうね。まあこのようなコースは、話の種には面白いとは思いますので、将来的には一度行かなければならないと考えています。

タイで未だプレイしていない地域に戻りますが、マレーシアとの国境のソンクラー県には未だ訪れていません。ハートヤイ(ハジャイ)は南部最大の商業都市ですが、4ヶ所のコースがあります。

ハジャイリゾート、サザンヒルズ、トンタイバンライGC、コーホンGCです。トンタイバンライとコーホンは9Hからの拡張であり、コースレイアウトは後付けで、まあそれなりでしょう。ハジャイGCとサザーンヒルズGCは是非プレイしてみたいと思います。両コースともハートヤイ空港から15-20分位の距離にあり、日帰りも出来そうですが一泊して2R以上プレイしたいものです。

問題が二つあります。一つは天候です。タイの一般的な気候常識は、この地では当てはまらないと聞いています。乾季であっても雨が多いと言うことで、特に豪雨に注意しなければなりません。そしてもう一つは深南部の過激派によるテロ事件が頻発している地域で、危険情報に注意が必要です。

このような問題はありますが、タイ全土でプレイする目標を完遂するために、今年中にはチャレンジしたいと思います。

シューズの手入れ

年末年始にチェンマイに持参した二足のシューズの手入れをしました。

通常タイではラウンド終了後にロッカールーム等でシューズの手入れをしてくれます。普段手入れが面倒な方はこちらが便利です。(受取り時に20B程度チップを渡します)

シューズ好きの私も時々利用していますが、綺麗なシューズは本当に気持ちが良いものです。一足しかシューズがない方はすぐスペア用を購入されたほうが良いと思います。

ゴルフシューズはどのように手入れをすれば良いのでしょう。

通常はラウンドした後にシューズの底についた芝や汚れをゴルフコース備え付けのエアガンで綺麗にします。次にアッパーの人工皮革部分を洗剤をつけて水洗いします。人工皮革は本革に近い感触ですから、使用している内に「しわ」が出てきます。この部分しわ部分が特に汚くなりがちです。

しわ部分は歯ブラシのようなもので綺麗に清掃します。アッパー部分が綺麗になりましたら洗剤が付いている水分をタオルで綺麗にふき取ります。またアッパー部分には、シューズクリームを薄くつけておけば、さらに光沢も出て綺麗に仕上がります。

ソール部分の芝や泥などはエアブラシで落してありますので、もう綺麗にはなっていますが、汚れが取れていない場合は水洗いして下さい。この時すべきはソフトスパイクの減りのチェックです。

昔の金属製と違いプラスチック製のソフトスパイクはすぐ減ってきます。ラウンド数の多い方は一年に一回はソフトスパイクを交換したほうが良いでしょう。

最後に雨の日のラウンド後の処理方法です。

雨の日のラウンドでは、防水シューズであっても靴の中に水が入ることが多くなります。シューズの中に水が入ってしまった場合は、まず中のインナー(中敷)を取り出します。そして上記のような手入れをします。

その後、新聞紙を一杯つめて半日ほど乾燥させます。乾燥後はインナーを元に戻し通常保管です。雨の後そのままにしますとすぐカビて来ますので注意が必要です。

なおこのような手入れはゴルフクラブやキャディバッグも同様です。雨のプレイ後は全てのクラブをバッグから出して乾燥させることが大切です。シャフトはカビてきませんが錆びてきます。またゴルフバッグはカビやすいので気をつけましょう。

良いスコアはクラブやシューズの手入れからですよ。

年末年始はチェンマイでゴルフ その2

前回からの続きです。

チェンマイは朝の気温は結構下がります。20度以下になるのが普通ですが、今回は20度以下にはならなかったように思います。いずれにしてもバンコクより多少涼しく感じられました。

コースレッスンでは、ラウンド中にスウィングを矯正してナイスショットを連続することは殆ど不可能に近いと言えます。コースレッスンではスウィング矯正より、斜面での対応方法やスコアメイクを中心としたゴルフの組み立てを勉強する機会だと思います。

また効果的な技術習得方法は、コースレッスンでヒントを掴み練習場でボールを打ち、ショットの精度を上げていく、またはスコアを向上させることが肝要です。

フルショット例えばアイアンショット100ヤードが練習場では打てるのに、現場では50%も打てないのが実情です。なぜ本番ではショットの精度が下がるのか?もう一度考える必要があります。

殆どのミスは、練習場と違う環境への対応が上手くできないことが根底にあります。そしてスウィングのタイミングが早くなることから起っています。また練習場と違い傾斜があるコースでは、体重のかけ方やボールポジションを注意しなければ、上手くボールをヒットすることが難しいのです。

なぜこのようなことが起るのかと言いますと、第一にスウィングの完成度が低く、番手別飛距離が一定していないことが上げられます。第二に傾斜地での訓練は、現状ではコースに限定されるため、殆ど練習できないままコースに来ていると言うことです。そして三番目にはパターやアプローチなどを中心としたスコアメイクをすることの重要度の認識が低い、またその練習をしていないことが上げられます。

一番目の飛距離の件はスウィングがまだ固まっていないことであり、もっともっと平らなマットで基本を作る。そして体で覚える必要があります。二番目の傾斜地のスウィングはコースに出て傾斜地のショットの経験を積むしか方法がありません。三番目は、最初はショットの精度を上げることしか頭にありませんが、段々とスコアメイクの重要性に気がついてきます。

傾斜地は上級者でも上手く打てない場合がありますが、練習場でも傾斜地対応の練習は可能です。前下がり斜面を想定し、ひざを曲げ腰を落した姿勢でショットします。70-80%のスウィングで体の安定性を重視します。また、左下がりを想定し体重を左にかけたり、体を左に傾けて打つなど練習方法は沢山あります。このような「現場を想定した練習」をせずにして本番では中々上手く行きません。

斜面でのショットを成功させるためにも練習場のマットで真直ぐ遠くまで飛ばす練習を繰り返すことです。基本が出来て初めて応用が易しく出来るようになるのです。

今回レッスンに参加された皆さんは、チェンマイのアップダウンあるコースで苦戦していました。がしかしこの経験は自分自身のデータとなり、将来的には絶対プラスになると信じています。強い信念と継続をもって練習を続けて下さい。

来年もチェンマイレッスンを実施します。2月から参加申込を受付致しますので、是非ご参加下さい。

年末年始はチェンマイでゴルフ その1

明けましておめでとうございます。ご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願い致します。

年末年始はチェンマイでレッスンを行いましたので、その様子をお知らせします。

レッスンは12月29日から1月4日まで7日間でした。レッスンを受講された方は8名で日本からは5名、バンコクから3名という内訳です。

レッスン会場は、コースがロイヤルチェンマイGC、メージョーGC、チェンマイハイランドGC、そしてアルパインGCでした。練習場はスタードームを使いました。

レッスン内容はラウンドしながらのレッスンで、マネージメント・メンタル面が中心になります。勿論斜面や難しいリカバリーショットも行いました。ただ年末年始の混雑ですから、前後の状況を見ながらになります。遅くなる場合は後ろの組をパスさせなければなりません。基本的に毎日早朝ホテルを出発し、昼過ぎにはラウンド終了、その後ホテルに帰着する日程です。

例年になく混雑していたチェンマイですが、到着後スタート時間に余裕があれば、コース到着後にボールを打ちレッスンを行いました。混雑のためスタート時間に余裕がない場合は、ラウンド終了後に練習場でボールを打ち、「今日の反省と修正」を行いました。

殆どの方がお一人での参加でしたが、その中にご夫婦で参加のGさんがおりました。日本から参加のGさん夫妻は、今までクラブを握ったことがなく、勿論コースにも出たことがありません。今回は観光を兼ねてチェンマイでゴルフをスタートすることになりました。

Gさんからレッスン参加のお問い合わせがあった時に確認したところ、ゴルフクラブを持っていませんでした。何回かメールでやり取りをした後クラブを購入し、全く新品のクラブをチェンマイにお持ちになりました。

Gさん夫妻は2日間練習場でスウィング形成、1日コースレッスン、最終日に日本にお帰りになった後の練習方法、注意点など含めてレッスンをしました。

初めてのゴルフ体験ですが、最初に立てた日程は難なくクリアし、ゴルフレッスンを楽しまれていたように感じました(体は痛いと言ってましたね)。またコースでも初めてにしては結構上手く出来たと思います。これからも継続して練習して下さい。必ず上達します。何か問題があればすぐメールして下さい。

1月1日は19:00から市内のイタリアンで新年会でした。チェンマイのイタリアンは、美味しいお店が多くいつも楽しみにしています。今年も昨年と同じお店「カサ・アントニオ」でした。

2013年がゴルフの飛躍の年であることを祈念しながら、ビールで乾杯です。その後次々と出てくる美味しい料理を堪能しながらワインに移っていきます。レッスンに参加した方全員参加でしたので、会話が弾みます。そして満腹とほろ酔い(酩酊)の中で新年会は御開きとなりました。

さあ明日も頑張ろう...

コースレッスンの様子は次回です。